2歳を過ぎて急激に喋れるようになってきた次男。

次男は2歳を過ぎ、急激に言葉が増え、私が言った言葉もほぼ正確に真似て言うことができるようになりました。

次男が最近よく言っている言葉

  • アーリガート、アリガートー♪」(なぜがカタコト気味にありがとうを言う。)
  • とーたーん、〇〇ちゃんでなーす(でまーす)」(お風呂から出るときに父ちゃんを呼ぶ。〇〇は、自分の名前じゃなく兄の名前を言ってます。笑)
  • ボク、イナ(今)とぅかってどぅ(使ってる)」(おもちゃを兄にとられたくない時)
  • いってなったーい(行ってらっしゃい)」(自分が家から出るときに)
  • へい、らっしゃい!」(お寿司のおもちゃをテーブルにおいて、板前さん風?)

少し前まで大好きなドクターイエローのことを「どくたーい」までしか言えなかったのも、いつのまにか「ドクターイエロー」と最後まで言えるようになってました。なんか寂しい。

えぬななひゃっけい」とかも普通に言えてます。

はやぶさのことは「はやさー」って言ってるけど。

こんな風に1~2歳の、たどたどしく話して時々言いまつがったりしている時が一番かわいいよなぁ、なんて思います。

 

*

 

赤ちゃんの時から長男にも次男にも何度となく思うことだけど、ああ、小さくて可愛いままでいて~、って時々思うんだ。。

でも、実際は大きくなってくれないと困るし。

だから、このままずーっと今が続けばいいのになぁって、、時間よ止まってくれ~って本気でせつなくなる時がある。

4歳の長男は、20歳で大人になるとすると、もう子供時代の5分の1も過ぎちゃったのかぁ~とか、寂しくなったり。

 

でも時間は止まらないわけで。

子どもたちも、私も、確実に年を取っていく。

子どもと一緒に過ごせる時間は長い人生のうち、限られた時間なんだ。だからこそ一日一日を大事に生活していきたい

それを実行することは結構難しい。

でもその気持ちを忘れずに、明日も一日過ごしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です