幼稚園のクラス発表と新しい担任の先生。【自閉症スペクトラム/ADHD】

先週は長男の幼稚園のクラス発表があり、久しぶりに幼稚園に行ってきました。

 

全学年2クラスの幼稚園。

半分は年少さんと同じメンバーになる。

それよりも親の私が気になるのは担任の先生。

ドキドキして発表に行きました。

 

クラス発表

 

先生の名簿、クラスの名簿、4月のおたより等の書類を受け取る。

割と仲良くしてもらっている(親子ともに)子達と同じクラスでほっとした。

 

担任発表

 

担任の先生は優しそうな先生でほっとした。

長男は先生に「よろしくね」と言われて早速抱き着いていました。

 

長男には、2月くらいから「4月になったら年少さんが終わって年中さんになって〇〇組か☆☆組になるんだよ~」と何度も話していたのもあり、すんなり受け入れていたように見えた。

でも、教室も変わり、自分より小さい子たちも沢山入園してくるし、何より担任の先生が替わるのが大きいかも。

2歳クラスから年少に上がった時にも担任の先生が替わったのだが、年少になった後も2歳クラスの先生を自分の先生だと思い込み、年少の先生が担任だと気づいてきた(慣れた)のが夏過ぎ。。。時間かかった。

2歳クラスの先生は長男にとって初めての担任の先生だったから、その担任の先生が替わるっていうのがなかなかわからなかったんでしょうね。

いや、頭ではきっとわかっていたと思いますが、受け入れられなかったのかもしれない。

その先生は多分、長男にとって心のよりどころ的な存在だったんだと思う。

そう言えば、知り合いの人に「長男君はお友達、誰と一緒のクラスになりたい?」と聞かれて「……………先生。」と答えていた長男。

 

*

 

いよいよ月曜から年中の幼稚園生活が始まりますが、そのあたりの長男の反応が不安なような楽しみなような。

親としてもなんだかふわふわウキウキした気分の4月です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です