欠勤した夫が一大事と言った長男の朝の様子。【自閉症スぺクトラム】

あれから夫、説得に応じて週末に病院に行ってくれた。

診断結果は…、まさかのインフルエンザb型まだ流行ってたんだ…

病院では「熱が出てから時間がたっているからあまり効かないかもしれないけど…」と言われながらもイナビル吸入してきたそう。

そうだよね、、熱でてからもう3日目だもんね。

 

夫、仕事を休んで朝の長男の様子を知る

 

そして夫は昨日、初めて仕事を休んだ。

雨の日も風の日も体調不良の日も、社会人になって十数年、仕事を一日休んだことはなかったんだって。夏休みとか年末年始とか以外。

そのことを今回初めて知って、驚くと同時に感心してしまった。

 

いや、病気で出勤してウイルスばら撒かれても迷惑なんだけれど。

私は断然、病気の時は無理しないで早く治す派なんだけれど。

その考えは1ミリも変わらないけれど。

ただ、病気でも力を振り絞って出勤していく夫にイライラするのはもうやめよう。そう思った。

もちろんインフルエンザの時は絶対に休もう。

 

そういうわけで土・日・月と家にいて子どもたちと一緒に過ごした夫。

いつもは朝早く出勤してしまうので、子どもと朝ご飯を食べたり登園の準備をさせたりしたことはなかったのだけど、今日は少しだけ子どもたちの朝の支度を手伝ってくれた

 

そこで、一連の朝の流れを目の当たりにした夫に言われました。

「いつもこんなに…ひとつひとつが一大事なのか?!」と。

 

この日の長男は、ウインナーと卵焼きをお皿にのせる順番が違ったとかで怒って騒ぎ出すし。知らんわっ。。

ウインナーに火が通りやすいようにと切れ込みいれて焼いたら「こんなボロボロのウインナー嫌だ!」と癇癪を起こされ。

着替えのときには、トイレに行くのが先だったのに、先にパジャマを脱いじゃった、と怒るし。

だったらそのままトイレに行けば脱ぐ手間が省けて楽なのに…わざわざまたパジャマを着てからトイレに行くという面倒くささ。

 

本当にそう。いちいちが一大事。

機嫌よくトイレに行ってくれたり顔を洗いに行ってくれると、ホッとするよ。

本人にとっては一大事でも、私にとってはいちゃもんつけられてるとしか思えないんだから。。

 

 

私と夫では長男と過ごす時間が違い過ぎて、認識にかなり差があると普段から感じています。

そういった意味で、今回夫に普段の朝の様子を見てもらえたのはよかったです。

インフルエンザのところ悪いけど…。

 

*

 

夫は元気になり、今日からまた出勤していきました…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です