朝のルーティンと感覚過敏と最初からやり直し。

我が家の自閉症スぺクトラム5歳児のスイ。

最近のスイは、また少しこだわりが強くなっている気がする。

 

目が覚めた瞬間から…

朝、目が覚めると、間髪入れずに「おとうさーん!!」と半泣きの叫び。(この声で、隣で寝ている私やリンも起こされたりする)

 

夫の姿を見つけるまで、半泣きで(時には本泣きで)探す。

実は夫はスイのすぐ近くにいたり、同じベッドで寝ていたりするのだが。

 

なぜこんなにスイが焦っているかというと、“お父さんが家を出る時に抱っことタッチをしてもらう”のを習慣にしているから

夫は時折このスイのルーチンを忘れて、それをしないまま出かけてしまうのだ。

 

もしくは「おーい、もう行くぞー。抱っことタッチいいのかー?」と、スイに声はかけてくれるけど、スイがそれに対して反応せず

“反応なし=抱っことタッチなしでいい”

と解釈した夫がそのまま出かけてしまうパターン。

 

実はスイはその父の声かけに気づいてないだけで、後から知らない間に父がいなくなってることに気づき大騒ぎの大号泣。

それをなだめるのは私なので、夫には欠かさず朝の儀式をしてもらうように頼んでいるのだが、時々忘れられ。

欠かさずにやってくれれば、スイももう少し心安く目覚められると思うんだけどな。

そういった、1日の流れのなかで省略できない事柄がいくつかある。

 

感覚過敏

他にも、服が少しでも濡れると着替えるとか、靴やサンダルに砂が少しでも入ると嫌とか、敏感な部分もある。

最近は靴下を履いた時の爪先や踵のシワがすごく気になるみたいで、納得いくまでの微調整で5分くらいかかることもある。

「そのくらい大丈夫だよ」と私の感覚で言おうものなら「ギャー!!」が始まるか延々と文句を言われるかで、結局は着替えさせたりすることになるので、それなら初めから快く着替えを用意してあげればいい事なのだよね、と気づいてからはそうするようにしている。

が、時々忘れる。私も物忘れ多い方なので夫のことをどうこう言えない。

 

思い通りにいかなかった時に気持ちを引きずる

自分がやりたかった事ができなかった時には、最初からやり直したいという気持ちがあるようで。

例えば、”私と手を繋いで階段を上りたかったのに、私が先に登り始めちゃった”場合、私が一度階段を下りなくてはいけない。

スタート地点に戻ってやり直さないと気が済まない。

 

しかし私もスイからいきなり「戻ってよ!!」なんて怒鳴られたら頭にきて意地でも戻らない時もある。。

普通の声で言ってくれ、と伝えると、言い直してくれることもある。普通って何ぞやって話だが。そういう曖昧な言葉を使うのも改めねばなるまい。

 

まあ、上記のような場合は私が戻れば済むことなのでいいのだが、相手が家族とかじゃない場合そんなこと頼めた義理じゃないし、そもそも物事は始めに戻せないことだって多い。時間を戻せないように。

できることはやってあげるけど、あとは何とか自分自身で気持ちをおさめてもらうしかない。

「そういうこともある」ということを少しずつ不測の事態を受け入れられるようになれば本人的にも楽になるかもしれない。

 

冷静に対応したいのだけど…

1日のなかでこんなに色々引っかかる事があって、本人は親以上に大変なんだろうから、せめて私は冷静に対応したいものなのだが、、それもなかなかうまくいかない毎日。

 

そして、スイがきちんとしているのに対し、私は忘れすぎるしボケすぎているのも事を大きくしてしまっている。。

 

先日も、幼稚園に送っていった時にこんなことがあった。

玄関で先生に会って、スイが「先生とお話してよ」と私に言ってくるので「……⁇」とよくわからずにいた。そしてなぜかスイがなかなか園舎の中に入らない。

しばらくして今日はファミサポさんのお迎えだと思い出し、私が先生にその事を伝えたらスイは園舎の中に入って行った。

「先生とお話」ってそのことね。。

スイの方がしっかりしてるじゃないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です