すぐ触る、何かと口に入れる4歳。【自閉症スペクトラム/ADHD】

4歳の長男スイの話。

 

スイは興味のあるものや目にしたものを反射的に触ってしまうようだ。

スーパーに買い物に行くと、陳列された野菜等を片っ端から触る。(もちろん、すぐ止めさせますが…)

店に入る前に

  • 店の中を走らない
  • 商品に触らない
  • 母(父)の近くにいる

の3つを毎回確認しているのにもかかわらず、だ。

「ねえねえ、コレ〜♪」と、嬉々として冬瓜を持ってきたりする。

私が「あっ、触っちゃってるよ⁉︎」と指摘すると、しまったという顔をして慌てて元の場所に置きに行く。

約束を思い出してくれたかと思えば、今度はトマトを触り、それを注意すれば今度は胡瓜を触る、、という感じで完全にいたちごっこ。「触らないよ」を連呼。

「触らないよ」と伝えても、自分から触っている手を引っ込めることができないことも多く、待ってあげたいが、商品をダメにすることはできないので私が長男の手を取ったり、商品を取り上げたり、手を払ったりする形だ。

触っちゃいけないことは、わかっていると思う。でもつい手がでちゃうんだろうな。スイの衝動的な部分。

 

触るだけならまだしも、この前なんてまだ会計の済んでいないお菓子のラムネの容器(正確には蓋)を口に入れて(舐めて)いたのには夫が気づいてきつく注意していた。

4歳の今でも何かと口に入れるスイ。おもちゃや絵本など家にあるものならまだマシだが、外でそれは衛生上よくないよってものまで口に入れたり舐めたりするのは本当にやめてくれ…と思う。

1歳くらいの時はがジャングルジムをかじるのも微笑ましかったけどさ。2歳過ぎても砂場の砂食べ、しかもガリガリ砂利を噛んでた。4歳でもまだ食べ物じゃないものを口にするの〜いつまでこれは続くの〜と。。まあ、菌には強くなっているかもしれない。

とにかく、会計の済んでないものはまだ自分のものじゃないので、口に入れたりしたらダメな事は伝えた。海外ではOKなとこもあるけどね。

 

次男がそういうのないだけに(走るのはありますが)(あと、何でもかんでも兄の行動を真似するのもありますが)、何で4歳にもなって…とイライラしてしまう。

多分、スーパーには連れて行かないのが1番親の精神衛生上はいいに決まってるが、そうもいかない時もあり。

なるべく子のいない時に行く、仕事帰りの夫にお願いする、個配を利用するなどはしている。

ベビーカーとかカートに乗っていてくれた頃は、今思えば楽だったなぁと思う。

 

でも、以前に比べて劇的に成長した部分もある。

まず、店の外に出て行かなくなったこと。これはかなり大きい。店の外にでたら車に轢かれる等命の危険があるもの。

そして、親の側を離れる時もあるが、しばらくするとちゃんと親を探して戻ってくること。(割と小さいスーパーです)

2歳。自分の行きたいところへ走り去る。親の存在を気にしてないので。親がいなくても焦るそぶりがない。

3歳。自分の行きたいところへふらっと消える。ふと親がいないことに気づき、泣き叫ぶ。

4歳。自分の行きたいところへふらっと消える。親がいないと気付くと親を探して戻ってくる。

といった具合に。

だいぶ安心できるようにはなってきた。

 

 

買い物やお出かけのルールやマナーとしては、スイの場合はこどもちゃれんじがかなり効果的でした。

マナー忍者というキャラクターが身近なマナーを教えてくれる。

  • スーパーではカメラの術!といって、触らず見るだけにしようというマナー
  • 電車の中ではカチンコチンの術といって、静かにじっとしているというマナー

など。

あと、ライオンポリスなるキャラクターもいて「駐車場では走らないーっす」とか、手の繋ぎ方を歌で教えてくれたりします。

息子達にはわかりやすくてやってみたくなるらしく、3歳くらいの時は、スーパーで「カメラの術だよ!」というと「カシャ」ってやってて可愛かったです。今でも時々やってくれますが…

マナーやルールと言えば、先日も少し紹介した「せいかつの絵じてん」という本。

衣食住や生活に関連するマナーやルールが乗っている絵本なのですが、こういうのもスイは好きみたいです。

私が説明するより断然すっと入っていきます。

 

 

昨日は本屋で「おばけのてんぷら」という絵本を買いました。

本に限らず、買うものを決めることが難しいスイですが、昨日は選んでくれました。

知っている本だったのか、フィーリングで選んだのか、適当に選んだのか。

夕飯はてんぷらにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です