【療育】作業療法2-4回目。

夏休みの間は、予定がない日は積極的に作業療法を入れるようにしました。

休み前に行った1回+夏休み中の3回で、計4回通った時点でのスイの様子と、私の感想を書きたいと思います。

 

最初のころはとにかくジャングルジムやブランコ、ボールプールといった器具等を使用して、動の遊びをハイテンションでやっていました。

先生方(スタッフの方を先生と呼ばせてもらうことにしました)も、そんなスイにハイテンションで付き合ってくれました。

たくさん運動できるな〜。体操教室みたいだなと思いました。

それと、スイにこんなにパワーが有り余っていたこともわかりました。

初めての場所で、たくさん優しく楽しい先生方に会えて、テンションがあがっているのももちろんありますが、45分間はしゃぎ続ける程のエネルギーを発散できる場所って最近行ってなかったなーとスイの姿を見て気付きました。あと、親がそれに付き合ってあげられる余裕もなかったかな。。

 

回数を重ねるにつれて、遊びはスイ主導のストーリー性のあるものになっていきました。

もともと自分の世界をどんどん広げていくことが得意なので、その場にあるものを何かに見たててストーリーを展開していっていました。そんなスイの遊びに、徹底的に付き合っている先生方を見た時、ここは間違いなくスイにとって特別な場所だと感じました。自分が、自分だけが主人公になれる場所。

幼稚園はたくさんの子供達がいるし、家には弟がいるし。

それに、私と2人きりの時間でさえこんなにとことんスイの遊びに付き合ったことはなかったかな〜。私は、道具を用意するとか遊び場所まで連れて行くとか、主に環境を整える人で、スイの遊びの世界の住人にはなりきれてなかったなと思います。

 

4回目の今日は、初めて工作をしました。折り紙、ホチキス、粘土、絵の具など盛り沢山だったようです。このようなじっくり落ち着いて取り組む活動もできるようになってきました。この場所に慣れてきたということだと思います。

工作的な活動を楽しむというのは最初に決めた目標のうちの1つでもあるので、これからもやっていくかなあと思います。

 

今日は同じ時間帯に同い年くらいの男の子が公園に虫捕りに行くというので一緒に行こうとスイも誘われたんですが、「行かない」と即答していました。虫好きなのに、暑いから嫌だった…? それとも自分の中で屋内で活動すると決めてたから…?

そういえば、行く前に「今日は◯◯で面白いこととか楽しいこといっぱいするんだ〜」と言っていました。自分なりにプランを練っていたのかもしれません。

とにかく、今日も満足して帰ってきました。

 

 

作業療法の後のお昼はスイのリクエストでてんぷら定食を食べました。

 

 

 

またてんぷら?(↑2人分です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です