5歳男の子の七五三! 衣装合わせ編

前回の記事(5歳男の子の七五三! 準備編)の続きです

 

5歳男の子のお参り当日の服装は?

和装か洋装か…

我が家は和装で即決です。

男の子(男性)が派手な着物を着られるのって、一般的には七五三くらいですよね。

ならばぜひ着物で!

 

我が家に男の子が生まれたとき、女の子の親御さんのようには洋服選びが楽しめないんじゃないかと最初は思いました。

でも、洋服選び・着物選びって、案外男の子も楽しいです。

男の子服選びの奥深さ…あると思います!

シンプル系・ナチュラル系・アメカジ風…意外と色んな趣向が選べます。

 

長男の場合は、、スポーツ系ブランドは似合わないかな。笑 色白・丸顔なんで…

と思って、ナチュラル系やらシンプルな無印のとかをよく着せてます。

逆に派手派手なの(ヒスミニとかキャラクター系)も似合いそうですが、

あの性格でそういうのを着せると本当に不思議ちゃんならぬ不思議君になりそうで…却下。

 

まあ今はまだ親が買う服を選べるので、私もそれなりに楽しんで服を選んでいます。

2歳くらいからもう自分で選んだ服しか着ない子もいるようですね! どちらかというと次男はそういう感じ。

 

話が逸れましたが、

七五三の着物は長男自身に選んでもらおうと決めていました。

来年のラン活の予行練習感覚で。笑

 

先日、さっそく衣装合わせに行って参りました。

 

羽織・着物の色

ずらーっと展示された着物、70着くらいあったと思います。

それを見た感じ、男の子の着物を色でみると

  • グレー
  • 青・水色系(青・水色など)
  • 緑系
  • 赤・ピンク系
  • 黄・ベージュ系

と分けられることがわかりました。

他に、紫やオレンジなんかもこのお店にはなかったけれど探せばあるのかもしれません。もう何でもありなんじゃないか?

 

長男に選んでもらうつもりでしたが、「どれがいい?」と聞いてみても

「あっ、みてー! パーティできるよ!」と隣の部屋の大きなテーブルに興味津々で聞いちゃあいない。

そこで質問を「何色がいい?」に変更して色を決めるところからスタート。

すぐに「」と答えが返ってきたので、『本当に青がいいの? 黒や白もあるんだよ!? 好きなの選んでいいんだよ!? ちゃんと考えた??』と言いたいのをぐっと我慢して、青い色の着物を適当にとって長男に試着させてみました。まあ、直観も大事だもんね。

ニコニコ喜んでお姉さんに着せてもらう長男。

1年前には考えられない子の姿。あれほどコスプレや発表会の衣装を嫌がっていたのに…成長ですかね。

最近ではハロウィンの仮装したいとまで言ってます。振れ幅大きいな…

 

試着したら、もうなんかそれで決まりみたいな雰囲気に…。

私としては青は青でも、水色とか、くすんだ青とか、エメラルドブルーとか…色々あるんだから何着か試着して似合うもの気に入るものを選んで欲しかったのだけど。。

私「こんなのもあるよ? 今着てるのとこれどっちがいい?」

と別の青の着物を手に取って長男に見せてみても

長男「これ。」←今試着している着物

ときっぱり。

 

いや、試着した青ってかなり鮮やかなブルーなんですよ。

色の名前で言うと、コバルトブルーっていうのですかね。超派手。

 

私としては、黒とか白とかもっとシックな感じを予想してたんだけど、、

スイが決めたのでまぁいいか。むしろ決めてくれて楽か~。

 

メインの柄は鷹や兜、竜などが定番のようです。

他にも束ね熨斗、鞠、松、鯉、軍配、宝船、打ち出の小づちなどが描かれていることが多いようです。

一つ一つ、こめられた願いがあります。

 

あまり見かけたことがないので少数派だと思いますが、正統派の黒紋付(家紋入)を着ることもあるみたいですね。

いいとこのお坊ちゃん?って思っちゃいますが。

 

長男の選んだ着物には背中にが描かれていて、その部分の糸がキラキラしていて綺麗でした。

キラキラしていたり、光沢のある生地はやはり目を引きますね。

 

試着時、余裕がなくて写真も撮れなかったし、鷹のほかに何が描かれていたが覚えていません。。

またお参り当日の記事で写真をアップしますね。

 

ちなみに、次男のお宮参りの時の着物はこんな感じ。

が可愛くてこれに決めました。

 

 

着物と羽織は決定しましたが、もうひとつ決めなければならないことが。

それは、

 

羽織のことしか頭になかったけど、袴も選ばなければならないんですね。

羽織についてはネットで軽く下調べしていましたが、袴をどうするのか全く考えていませんでした。。

 

袴は大きく分けて2種類。

(ストライプ)です。

 

お姉さんが言うには、

  • 柄…七五三の時しか着られないというレア感があるので選ぶ人が多い
  • 縞…伝統的・古典的な趣向の方が選ぶ

とのことです。

 

長男のものを選ぶときには柄の袴は緑色しかなく、

青×緑ってちょっとうるさい感じかなと思ってにしました。

シンプルな黒と白の縞です。

 

 

衣装合わせを終えて…

今回の反省点は、

袴のことを下調べしていなかったことと、

子ども自身に選ばせるには、初めに何種類かの着物を床に並べてもらって、そこから選ばせればよかったかな…という点です。

今回はハンガーにかけてある着物を見て選ばせたので…親の私も着物の全体像が見えなかったし、長男も一つ一つがよく見えてなかったと思います。

結局、最初に試着した着物(私が適当に手にとったもの)に決まったので、長男が選んだというよりは私が選んだ?みたいな感じに…。

結果的には長男がそれで満足していたのでそれでよかったのですが。

 

 

昔は「七つまでは神のうち」と言ったらしいですね。

青い着物を着てくるくると動く長男を見ていたら、確かに「神の子」って感じがしました。

まだ5歳になるとこなので7歳まではもうしばらくありますが、

今日まで無事に育ってくれたことを感謝して、七五三当日はそんな気持ちでお祝いしたいなと思いました。

 

*

 

ちなみに、親の服装は洋装の予定です。

夫はダークスーツ。

私は、長男の入園式で着たピンクベージュのスーツの使いまわし。

もしくはワンピースでいいかな。

 

訪問着や付け下げなど母のお下がりの着物はいくつかあるのですが…

自分で着付けできないし、当日2人の息子たちを追い掛け回すことを思うと、

着物なんて着る勇気がなく。。

 

さすがに小学校の入学式なら着れるかなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です