低出生体重児だった次男が3歳になった。

次男、めでたく3歳になりました。

 

1700gという低体重で生まれた次男。

妊娠7か月くらいまでは順調な経過だったのですが、8か月の時に推定体重が少ないことを指摘され始め、出産予定日の1か月前に急遽大きな病院へ転院し、入院しました。

しかし「よく動くな~」とエコーの度に医師に言われていた長男の時以上に、お腹の中で毎日動きまくっていた次男。私はお気楽にも全く心配しておりませんでした。だってこんなに元気に暴れているんですもの! 絶対に元気が有り余るくらいの子が生まれてくるに違いない。そう確信していました。きっと夫や祖父母たちの方が心配していたんじゃないかな。

出産予定日まであと1週間というというある日の朝の診察。それまでは自然分娩で産みましょう、陣痛が来るのを待ちましょう、と言われていたのですが、その日のエコー検査やNSTの結果を受けて、このまま陣痛が来たら赤ちゃんが危ないかもしれないということで、緊急帝王切開をすることになりました。

「手術室が取れ次第、帝王切開します。旦那さんは来てくれますか?」

手術の署名が必要なので夫を呼ぶように言われ仕事中の夫に電話をかけました。

それからの展開は早く、2時間後には手術室にいました。大学病院だったので、手術室には初めて会う人がたくさんいました。

詳細は省きますが、それから30~40分後には次男が生まれました。

当日の朝に推定体重2300gと言われていましたが…生まれてきた次男は1700gしかありませんでした。エコー検査って結構誤差あるのですね。。

それから次男はNICUに3日間、GCUに3週間ほど入院しました。NICUを脅威の速さで卒業し、GCUでも誰より元気に泣いていた次男でした。退院時は2300gだったかな。私は産後10日程で退院したので、それからは毎日病院へ母乳を届ける日々でした。

出産前の2週間と違い、出産後の1か月はそれはそれは恐ろしく忙しかったです。

入院中は傷口が痛いのに歩かされます。癒着を防ぐために。

次男に届ける母乳を入れておく容器を売店まで買いに行きます。

そして次男のそば(GCU)へ行って、おむつを替えたり、母乳を飲ませたり(これも体が小さく吸う力も弱いのでなかなか大変でした)、沐浴したり、それから1時間くらいは次男を抱っこしています。ずっと椅子に座っていなければならないので正直これが身体的には辛かったけど、次男のそばにはできるだけ長くいてあげたいと思いました。

夜は一人で寝るのですが、4人部屋に1人きりでちょっと怖かった以外は、母子同室のお母さんよりは楽だったんじゃないかな。ただ、夜もアラームをかけて3時間おきに起きて搾乳はしました。爆睡してしまっていて助産師さんが起こしてくれた日もありました。それでも、もともと里帰り出産ができなかった私にとっては食事を作ったり片づけたりしなくてもいいだけ恵まれた生活だったと思います。

ちなみに後から知ったことですが、「あの人(→私の事)手術の翌日なのにスタスタ歩いててすごい」と長期入院していた方たちの間で話題にされていたようです。「(長期入院しているので)いろんな人を見てきたけど、そのなかでも一番すごい」と言われて嬉しかったですが、本当は必死でした。無表情なので表に出てなかっただけです。笑

退院してからは、長男を車で保育園へ送り届けて病院へ行き2~3時間滞在し、家で少し横になってから長男を迎えに行く日々でした。

産後1か月くらいは横になるのがいいって聞いてたけど、とてもそんな状況ではありませんでした。おそらく歳の差の近い2人目出産の方はみなさんそうだとお察ししますが…。後に体調を崩すことになったのは、、この時の無理がたたったのではないかと思っています。

 

話が逸れました。。。

次男の誕生日の話なのに自分の事ばかり書いてしまいましたが、あとこれだけ書かせてください。

次男が退院して、病院の請求書を見てびっくり。

そこに書かれていた数字は…

 

 

300万!!!

 

え…ゼロがひとつ多くない?

これは私の出産費用とは別の、次男の入院費だけです。

NICUって、1泊10万くらいするらしいですね。。

 

これが、未熟児養育医療制度の申請をすることで医療費の方はゼロになるんだから(公費負担)…、感謝すべきことですね。

それによって大幅に減免され、実際に私たち夫婦が病院に支払った額は7000円くらいだったと記憶しています。確か毎日赤ちゃん用のパジャマをレンタルしていたのでそのレンタル代+オムツ代だったと思います。

 

さて。そんな次男もすくすくと育ち、ジャイアンになりました。 今や体重は11kg、身長は85cmになりました。成長曲線の下の線ギリギリですが、日々少しずつ大きく逞しくなっています。生後すぐに別の病気というか体質がわかって毎日薬を飲んでいますがそれ以外は元気でマメで世話焼きでちょっぴりいじわるな(笑)男の子です。

 

誕生日には、ホールのチーズケーキを買ったのですが、これが大失敗。。。

塩味のきいた大人の味で、次男は一口食べて変な顔をしていました。

長男の誕生日にスポンジケーキをあまり食べてなかったので、チーズケーキを選んだのですが、やはり普通のスポンジケーキにすればよかったと激しく後悔して3日くらい立ち直れなかったよ。(私が)

幸い土台の一番下のクッキー生地はおいしそうに食べてくれたからそれだけが救いです。

この教訓を生かして、クリスマスには思いきり子とも向けでフルーツがたくさん乗っているケーキにするつもりです!

 

長くなったので次男の誕生日プレゼントについては長男のと合わせて別記事を書きます。

 

 

今朝は4時50分に起きました。

いつも5時半〜が私の自由時間なので、今朝はいつもよりゆっくりできました。

最近は子どもたちが6時か6時半には起きてくるので不完全燃焼が多く、、私の起床時間も日に日に早まります。

今朝はお土産のお菓子を食べながら読書。

夫が職場の人からよくお土産とか有名なお菓子をもらうのでそれを奪って食べるのが私の楽しみの一つ。皆さん連休の度に全国各地旅行されてて羨まし〜。

今回は、とらやの羊羹AKIHIRO KAKIMOTOのフィナンシェ静岡のこっこ因幡の白うさぎ(これだけよくわかりません、多分羽二重餅とあんこ?)でした。あと岩手のかもめの玉子もありましたが真っ先に食べてしまったので写真には写っていませんが、やはりかもめの玉子が一番美味しい。

本は、カズオ・イシグロの『私を離さないで』。

最後の3分の1ほどは読んでいて苦しかった…。でも、それ以上に惹きつけられるものがあって読んでしまいますね。

多分、夫は読めないでしょう。感情移入しすぎる人ですから。

そもそも、和訳されている時点で拒否していましたけど。それだと英語はともかくその他の言語の本は読めないと思うんですけど! だから言ってやりました。「じゃあ、和訳を一度頭の中で英語に変換してから読んだらいいんじゃない?」って。原書を買うほど興味はなさそうなので、いいやり方だと思うんだけどなぁ。笑

でも私も子供のころ和訳本が苦手だったから、気持ちはわかります。なんとも言えない違和感が拭えないんですよね。言語によって文法や語順が違うのでその部分はしょうがないのかな。自然な日本語に近づけようとすればするほど、原文とはかけ離れていってしまうという。

次は『忘れられた巨人』を注文しています。

カズオ・イシグロ、はまりそうです。

それにしても朝からお菓子って、やっぱまずいですかね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です