11月子連れ沖縄旅行記②1日目移動(自宅→那覇空港)

「11月子連れ沖縄旅行記①予約」のつづきです。

いよいよ沖縄に出発。

でも、1日目はほぼ移動で終わります。

そのなかでも今回は飛行機移動についてしか書けてません。。

 

出発前夜に長男が描いた「飛行機」。

車輪をちゃんと5個描いたところがポイントらしい。

へー。さすが細部に抜かりないわねえ。

え、、でも、翼がないけど!! どうやって飛ぶの!?

細部にこだわり重要な要素を忘れたのか、、それとも真横から見た構図で実は真ん中あたりの〇が翼とか?

いずれにせよなかなかの衝撃でした。

でもこの絵なんか好き。

 

移動:自宅→那覇空港

沖縄までの移動はもちろん飛行機ですが、自宅から空港までが割と距離があるのです。

ママ友さんからは空港バスというものを勧められたのですが、うちの息子たちは乗り物大好き兄弟なので、あえて電車やモノレールを乗り継いで空港へ行くことにしました。

予想通り、、普段は乗らない私鉄やモノレールに乗れて大喜びの2人でした。

次男にとっては、沖縄旅行で一番印象に残っているものはモノレールだと思われます。

沖縄=モノレール だと思ってるかも。笑

 

モノレールの改札を出たところで最近兄弟にブームのトーマスのガチャガチャを発見し、エドワード(次男)とディーゼル(長男)をゲットしました。

車両系のガチャガチャって、たまに「レール」とかでるんですよね…。明らかに外れ感ありますよね。その時の息子の落胆ぶりといったら、、。車両が出るとほっとします。。

 

子どもたちはそんな楽しい気分で空港に到着。ここまで順調に乗り継ぎできたし、子どもたちも割と落ち着いていたので親もまだまだ余裕でした。

自宅を出発したのが10時すぎで、空港に着いたのは12時半くらい。

ちょうど昼食の時間だったので、空港のレストランで食事をすることにしました。

お昼時なので、ベーカリー以外は少し並んでいました。

14時出発の便だったのでそこまで時間はなかったけど、パンていう気分じゃなかったのでレストランの行列に並びました。

10分くらいで呼ばれたかな。やはり次男はこういう待ち時間がしんどいですね。。エスカレーターとかそっちのほうにすぐに脱走しようとするので…。

席に着いてからは、先ほどのガチャガチャの景品で遊んでいてくれたのでよかったです。

カフェレストランっていう感じのお店で、長男はオムライス、次男はホットケーキ、私はビーフカレー、夫は明太子スパゲティを注文しました。

皆、自分の定番料理を頼んでます。笑

沖縄に行ったら沖縄っぽいものを食べると思うので、ここでいつものメニューを食べて満足しておいてよかったのかも。

写真を撮り忘れましたが、美味しかったです。

 

食事のあとは、せっかくなので展望デッキに行ってみました。

展望デッキからの景色。

 

飛行機が見えます。

 

でも、すぐに飛行機じゃないものに視線を移す兄弟。

その視線の先には…

工事中。

こちらのほうが魅力的だったみたいですね。

 

滑走路を走る飛行機も見えて、長男はここで機体が飛び立つところを見ることができたので、これから自分があれに乗って空に飛び立つというイメージを持てたかと思います。

 

さて、出発の30分前になったので保安検査場へ向かいます。

搭乗の15分前にはここを通過しなければなりません。

私はてっきり、ここを通過したらすぐそこに搭乗口があるものを思い込んでいたので、この時は余裕だと思っていました。

が…、実際はここを通過してから搭乗口までかなりの距離を歩いて移動しなければなりませんでした。。

そういうことも全く知らなかったので、それを知って焦る私。。教えてよ夫…!!

次男を抱えて小走りで移動しましたとも。途中、動く歩道があり子どもの喜びポイントでした。微笑ましい場面でしたが私は焦っていたのでほっこりする余裕はありませんでした。

そんなこんなでなんとか出発時刻の5分前に搭乗口に到着。

しかし小走りで来たにもかかわらず搭乗は遅れており、最終的に出発時刻の15分後くらいから搭乗が開始され、飛行機が出発したのは結局20分遅れくらいでした。

やっと席に座れた時はほっとしました。

席は3列ー3列ー3列の機体で、席順は長男が一番窓際・その隣が夫・その隣が次男・通路を挟んで私でした。

もちろんエコノミークラス。

機体の後ろのほうの席が子連れが多いとの情報を得て、後ろのほうにしてみました。

次男は3歳なりたてで、旅行があと1か月早かったら飛行機の料金はかからなかったのでちょっと悔しさが滲む。。でも次男も一人前に人席与えられたのを満足気にしていたからいいか、、

飛行機に乗ると、子供用におもちゃ(ANAのグッズ)をもらえました。

マグネットペンで書けるお絵かきボードのミニチュア版。

早速お絵かきする次男。寝グセ…

お、これは新幹線を描いたのかな?

なんか落ち着かない数十分を過ごした後で一気に疲れた気がしましたが…ここから2時間あまりの空の旅の間、あれこれと手を尽くして次男には騒がずに席にいてもらわなくてはなりません。

さあ、ここからが正念場だ!!

と気合いを入れた私でした。

 

しかし、、

ここでなんと奇跡が!!!

 

次男、夢の世界へ!!

 

次男は離陸直前から眠り始め、那覇空港到着の20分前までぐっすりでした。

その為、予想に反して静かで平和な空の旅ができることになったのでした。

 

長男はというと、窓の外を見たり、リンゴジュースを飲んだり、夫とクイズを出し合ったりしてご機嫌に過ごしていました。

 

私は暇を持て余し…本でも持って来れば良かったと後悔したくらいです。

30分くらいは居眠りしていたと思います。

まさか子連れの移動で自分が居眠りできる環境になろうとは思ってもなかったです。

 

もう那覇空港が間近というところで目を覚ました次男。

「飛行機乗りたいー」と言っていました。笑

「今、乗ってるよ」と言うのですがなかなか実感がわかないみたいでした。

飛行機に搭乗する時って、通路のようなところ(ボーディング・ブリッジ)を通るから飛行機見えませんもんね;

 

那覇空港の近くに来ているのになかなか着陸しなくてあれー?と思っていたら、滑走路を変更したとか何かでだいぶ着陸までに時間がかかったようです。

そして着陸時にかなり物理的な衝撃がありました。

飛行機に乗りなれている感じのお客さんも驚いていたので、相当乱暴な着陸だったと思われます。滑走路を変更した関係だったのでしょうか。

 

最終的に、出発前の遅れと合わせて20~30分遅れで那覇空港に到着しました。

時刻は16時半を回っていました。

 

まとめ

  • 子連れの場合は様々なイレギュラーが想定されるため時間に余裕をもって出発
  • 空港のレストランはお昼時は混雑している可能性有
  • 保安検査場は早めに通過(出発30分前だとちょっと遅かった)
  • 飛行機に乗るのは昼食後あたりだと幼児は寝てくれるかも
  • 飛行機(ANA)の中ではおもちゃ(グッズ)がもらえたりジュースがもらえたりして意外と時間をつぶせる

 

↑かなりお得に旅行できたのでおすすめです。
*

 

全然進まない旅行記、次回は1日目のレンタカー移動&夕食&ホテルチェックインを書く予定です。

※サイドバーにひっそりとTwitterを設置しました。新しい年に向けてブログを少し変えていく予定です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です