11月子連れ沖縄旅行記(3.5)朝食バイキング攻略法

11月子連れ沖縄旅行記①予約

11月子連れ沖縄旅行記②1日目移動(自宅→那覇空港)

11月子連れ沖縄旅行記③1日目レンタカー&ホテルチェックイン

のつづきです。

 

今回はホテルでの朝食バイキングについてです。

 

ホテル『沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ』での朝食バイキング

結婚式が朝9時からと早い為、大人は6時半起床・子供は6時45分起床。

7時に朝食会場前で母と約束していました。

 

朝食会場は2か所設けられており、「THE DINING 暖琉満菜」と「BBQガーデンCHI」があります。

内容はどちらも同じです。

1日目は「THE DINING 暖琉満菜」で朝食をとることにしました。

チェックインの時に渡された朝食券が必要ですので忘れないように。忘れて部屋に取りに行った私が言わせていただきます。

出典:https://kariyushi-oceanspa.jp/restaurant/

 

朝食券を持って戻ってくると、弟の結婚相手のご両親に(初めて)お会いしました。

なんでも、朝食をみんなでとる約束をしていたらしく、それは全然いいのだけど…

だったらそう言っておいてよ~>母

昨日の夜、朝食の約束をした時には何も言ってなかったじゃないか。「7時に待ち合わせしよう」としか。

なぜ「7時」と時間が決まっているんだろう? ってその時一瞬ひっかかったのですが、そういうわけだったのか。。。

それならそうと言ってくれていれば、待ち合わせ時間に遅れないようにより気を付けていたし(遅れていませんが)、心の準備というほどのものでもないかもしれないけれど、初めて会う人と食事を一緒にするなら、しかもそれが予定されていることなら尚更、一言聞いておきたいって思うのは我が儘でしょうか。。

親と子って、こういう小さなことの積み重ねで消耗していきますよね…

 

弟の結婚相手のご両親とご兄弟は、会ってひとこと言葉を交わしたらすぐ人柄が伝わってくるようなとっても良い方々でした。

驚いたのは、お母様が40台後半という若さだったこと。

私の一番仲良くしてもらってる幼稚園ママ友さんと、ほとんど年の差がない!

あと、お父様とご兄弟が大変口数の少ない方々で、私の父や義父のようなお喋りじいさんやお口の多動気味の長男といつも接している私は、しみじみと無口な男性っていいな…と思ったのでした。

いや、お喋りを聞くのももちろん楽しくて好きなんですけどね!

夫曰く、「無口な人って何考えてるかわからない」そうで。まぁ私も無口なほうなので人からそう思われているのかな;

 

話がそれましたが、朝食はバイキング形式。席は普通のテーブル席でした。

次男にはホテルの方が子供用の椅子を用意してくれました。それを見た長男が「僕もその椅子がいい」と言ったのですが、子供用の椅子の数が不足気味なようで断られました。

長男はレストランの子供用椅子とか、スーパーのカートとか、すぐに乗りたがるんだよね…。その度に説得が必要になるので、、疲れます。。

 

内容はごく一般的な朝食バイキングの料理でしたが、ゴーヤ使ったものなど沖縄っぽいお惣菜もいくつかありました。

オムレツだけはその場でシェフの方が作ってくれます。

トッピングがハム、チーズ、玉ねぎ、ゴーヤー、コーン、アーサと6種類あって、そのなかから2種類選べます。

ソースはデミグラスソーストマトソースが選べました。

 

朝食バイキング、実は苦手意識があります。

幼児連れの皆さんはどうされているのでしょう?

我が家は

  1. 息子たちには着席して夫と一緒に待っていてもらって、私が息子たちの食べそうなものを急いで持ってくる
  2. 息子たちが先に食べ始めて夫がそのお世話、私が大人の分を取りに行く
  3. 私が持ってきた分で足りない分や夫の食べたいものを夫が取りに行く

という感じですが、自分でも要領が悪いなぁと感じています。

 

長男は一緒に取りに行くこともできますが、並べてある料理にすぐに手が出てしまったり料理に顔を近づけすぎたりするし、そういうことを何度注意しても10秒後にはまた同じことをしてしまうので片時も目が離せない。

その為、大変時間がかかります。しかもなぜか食べ物のある場所に近づくと必ずと言っていいほどくしゃみを連発、、何かのアレルギー?

次男が椅子に座っていられる時間のリミットがあるので、そうそう時間をかけてはいられなくて…。

 

食べる時も、食べこぼしがひどい(特に長男)し、カトラリー類をよく床に落としてしまうし(特に長男)、お喋りばかりして食事が全然進まないし(長男)、食べ物がぐちゃってなったりすると突然半泣き半ギレになるし(長男)、、

 

その様子を見た弟の結婚相手のお母様が

「大変だぁ…。ほんとに大変だね…。」と何度もおっしゃっていました^^;

多分、普通ここまでじゃないですよね。。。

息子の特性と、私の要領の悪さも相俟って、ってとこですね。

写真がないのも余裕がないからです。

 

そこでこの食事の後、これではいかんと思い立った私。

今回は3泊もするので朝食バイキングの攻略法を私なりに考えてみました。

そして2日目、3日目の実践で見事に効果を実感、朝食バイキングへの苦手感を払拭するに至りました。

せっかくなのでその攻略法をご紹介。

 

幼児と一緒に食べる朝食バイキングの攻略法(我が家の場合)

  • 炭水化物はパンを数種類選ぶ
  • デザートはヨーグルトと盛り沢山フルーツ
  • 飲み物は子供は牛乳&ジュース、大人はコーヒー
  • 余裕があればたんぱく質(オムレツ・ソーセージ)を取りに行く

 

以上、合言葉は「欲張らない。迷わない。」です。

欲張ってサラダを取りに行ったらいけません。

数あるお惣菜…色々食べないともったいないからという理由で取りに行ってはいけません。

うちの子たちはフルーツが大好きなのでフルーツ盛り沢山と書いていますが、ここは子どもの好物でOKです。

旅先で栄養バランスまで考えているとしんどいですものね。

 

これを実践したら、朝のバイキングが試練ではなく優雅な朝食になりました。

嗚呼、コーヒーとパンおいしいなぁ~って。笑

 

▼宿泊したホテル

>>沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ/じゃらん

 

*

 

さて、朝食を終えたら次は弟の結婚式をする教会へ出発です。

次の記事に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です