おはぎ作りと皆既月食。

先週末は久しぶりに長男とおやつクッキング。

もち米が余っていたのでおはぎを作りました。

長男におはぎを作ろうと言って誘ったら、

長男「うん! じゃあ臼と杵を用意しなくちゃ!!」

と張り切っていました。形から入るタイプね。

 

私「いや、あの、そんな大げさな道具はうちにはないから、、」

長男「どうやって作るの?」

私「まず、炊飯器でもち米を炊いて…」

長男「あっ、でも杵がないよ! どうする?」 ←人の話を最後まで聞かない。

長男「そうか! 麺棒を使えばいいんだ!!」 ←そして質問しといて自己完結。

 

……なんで知ってる? 麺棒を使うことを。

私より料理に詳しいんじゃないか?

私はCOOKPADで調べるまで知らなかったのにさ。

自分で考えたんだとしたら私より生活力あるね

 

炊きあがったもち米+白米少量を麺棒でつぶしてくれました。

丸めるのも一緒にやりました。

きな粉をまぶすのは夫に任せようとしましたが、長男も参加して、案の定カウンターや床や長男の服まできな粉まみれになりました。

そんな状況を見ると

つい、

「ちょっと!! 何やってるの!!!」

と言ってしまう私です。

夫に「まあまあ」と言われました。悔しすぎる。いつもは夫のほうが気が短いくせに(笑)こういうときは得意げに言ってきます。

 

形はいびつだけど美味しかったです。子どもたちももりもり食べました。

 

一緒に料理をする時は、気持ちに余裕を持っておかないとやはり危険でした(笑)が、またやりたいです。

次はあんこのも!

 

*

 

今夜は皆既月食がありますね。

皆様の住んでいる地域は今夜晴れますでしょうか。

うちの地域は…現在(昼)薄曇りなので微妙です。

 

我が家は「げっしょく」という本で月食について予習済。

この本によると月食の時間は以下の通り。

20:48 欠け始め

21:51 皆既食の始まり

22:29 皆既食の中心

23:08 皆既食の終わり

24:11 欠け終わり

うちの子たちは22時半くらいまでは普通に起きていられると思うのでそこは問題ないけど、、雲次第ですね。

 

ちなみに、次に日本で見ることのできる皆既月食は2021年5月26日に低い空で。こちらは皆既の時間も短くなかなか街中で見るのは難しいのかもしれません。

その次が2022年11月8日。こちらは皆既の時間が1時間30分ほどもあり季節的にも絶好の皆既月食日和になりそうだとか。

…って、まだまだ先の話ですね。。

なぜ月食がめったにみられないかというと、地球の公転軌道に対して月の軌道面が約5℃傾いているからなんですって。へえ~…、、って全然わからないですが。笑

 

南東に大きめの窓があるので、よく窓越しに月を発見して「お月様おやすみなさい」と気まぐれに挨拶している長男です。

今夜もお月様に会えるといいね!

↑面白い雲がかかっていた昨年の十五夜の月。(ガラスに明かりが反射して階段の手摺が写ってる。笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です