【幼稚園グッズ】4代目の水筒を購入。

うちの場合、幼稚園の水筒は消耗品です。

扱いが雑なんでしょうね。。。

年中が終わろうとしている現在、水筒を新しく購入しました。

年少から一つの水筒を使い続けている子もいるなか、我が家はこれで幼稚園用の水筒は4個目。

その歴史を振り返りつつ、最終的に辿り着いたGOODな水筒を紹介します。

 

1代目

プラスチック製の直飲みタイプを購入しました。

プラスチック製のメリットは軽いこと。

年少の体が小さな子にはこれがいいですよね。

保温や保冷はできないけれど、そんなにキンキンに冷やしたいわけじゃないし、熱い飲み物はそもそも入れないし。

ただ、、プラスチック製は壊れやすい

 

年少になりたての頃、

スイは降園時に幼稚園のちょっとした坂道で水筒を転がしていました。

 

転がしては拾って、また転がしては拾って、、の繰り返し。

新品ピカピカだった水筒が転がる度にどんどん傷ついていきます。

 

「水筒転がさないで~」と言おうとしたその時

たまたまその場面に居合わせた園長先生が一言、

 

園長「コロコロと転がっていく様子が興味深いんでしょうね」

 

こら、園長!! 

なんてことを言ってくれるのだ… 

呼び捨てすみません

 

なんとなく注意できなくなった私、、、。

乾いた笑いしかできませんでした。

 

そんなかわいそうな1代目水筒ブラザー君でしたが

過酷な環境の中、半年以上も頑張ってくれました。

 

最後は、ストラップをはめる部分が破損して、お別れとなりました。

 

2代目

2代目も1代目と同じ、プラスチックの直のみ水筒でした。

デザイン(絵)だけ違うのを選んでみました。

 

しかし、こちらは1週間で壊れました

見た目ではわからないのですが、飲み物を入れると底から少しずつ漏れ出してしまう状態になりました。

 

おそらく、乱暴に地面に置いたとか、アスファルトの上を引きずったとか、そういうことで底の部分が破損したと想像されます。

 

やはりプラスチック製はスイには合わない!

と確信したのでした。

 

3代目

ということで、今度はプラスチック製ではなくステンレス製の水筒を選ぶことにしました。

選んだのはサーモスの水筒。(画像は女の子用ですが男の子用のデザインもあります)

2ウェイタイプでコップが使えるので温かい飲み物もOK。

これは幼稚園だけでなくいろんなシーンで使えそうだし、長く使えそう

小学校まで使えちゃうかも!?

うん、完璧!!

 

…と思ったのに。

 

2か月後、、

見るも無残な姿になってしまいました。

わかりますでしょうか。どこかにぶつけたのか側面(写真向かって右側)が派手に凹んでいます。

生地厚めのカバーも装着しているのに、どうしたこんなに凹ますことができる??

 

未だに何が起こったのか謎ですが、

おそらく、、筒の直径が割とあるので、その分衝撃に弱いのかもしれないですね。

 

実はこれ、内側まで凹みが到達しちゃってます。。

外側だけならまだしも、内側も凹んでいる状態、、、

衛生的に気になるので、これでは長くなんてとても使えません。

それでも、なんだかんだこのままの状態で2か月ほど使っちゃっていましたがね…。

 

結果的にこれはスイには大きすぎて扱いづらいことがわかったし、

お茶を入れて持たせてもほとんど飲んだ形跡がないので容量的にも合っていませんでした。

あとこれ、歩くたびにストラップがキイキイ音が鳴るのも私は気になっていました。

 

 

4代目

さて、今度こそ失敗したくない。

壊れにくくてスイにも扱いやすいステンレス製のコンパクトな水筒

 

色々探して見つけました。

スケーターの直飲みステンレス水筒470ml。

 

よく見たらこの型の水筒持っている子よく見かけるなぁ。

1・2代目のプラスチックのとよく似ているけれど、よく見ると形が全然違いますね。

大きさもプラスチックのより少しほっそりしている感じ。

 

これ軽いし、3代目のサーモスのより細いので衝撃にもかなり強そうです。

しかも、底がゴムで保護されていて、置くときにコンッ!っていうステンレスならではの音がしないのがいい。

私的にはかなりの高評価です。

 

ただ、ストラップの部分はプラスチックなので、

壊れるとしたらその部分かなぁ。

 

デザイン(キャラクターばかりですが)が男女ともに豊富で、スイが自分でデザインを選んで気に入って使ってくれてるので、できるだけ長く持つといいなぁと思います。

 

【補足】

すみません、スイの名誉のために少し補足させてください。

 

年少の頃、水筒を坂で転がしていたスイですが、特に注意はしなくても、1週間もすればそれはしなくなりました。

園長先生の言うように好奇心で転がしていただけなので、それが満たされたからだと思います。

何事も頭ごなしに叱るのはよくないのだと、よくわかりました。

もちろん、物を大切に扱ってほしいという事は折に触れて伝えていかなければなりません。

でも好奇心をつぶしてしまうのももったいないと思います。

 

水筒の扱いが雑、と書きましたがわざと乱暴に扱っているという訳ではありません。

スイとて何度も水筒が壊れてしまったので、そこから学ぶことはあったと思います。

それでも、いろんな物や事に気を取られている時に、水筒にまで注意を払うことができずにどこかにぶつけしまったり、落としてしまったり、気を付けていても体の不器用さからうまく扱えなかったりと、特性による部分で結果的に”雑な扱い”と同等になってしまっています。

 

そのこと自体と叱ることは、スイにとって酷だと思いますし、

それよりも心身の自然な成長を待ったり、作業療法等でまずは粗大運動を行って感覚統合の発達を促していくほうが有効だと思います。

 

焦らずともスイはそう遠くない日に水筒を壊さなくなると思うので、それまで4代目君にはなんとか頑張ってほしいと思います。

 

*

 

一方、幼稚園のお弁当箱はアルミ製のもの。

2歳児クラスからずっと同じものを使っていてもう2年になります。

絵が剥げてきたりと劣化してきていますが、年長になるときに次男の分と一緒に新調するか、そのまま使い続けるか、ちょっと悩んでます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です