【習い事】スイミング、初めての進級試験で思ったこと②【長男】

前回の記事の続きです。

スイミングで初めての進級試験に合格した長男。

新しい級になってからの長男の様子を書きます。

進級後の長男の様子

進級試験の結果は休会の電話をした際にスタッフの方から聞いたので、長男には合格したことを私から伝えました。

その時はスイミングを休みたい気持ちでいっぱいの長男だったので反応は薄かったです。。

 

そして1ヵ月ほど経ち、久しぶりにスイミングに行く日が近づいてくると

「スイミング行きたくないなぁ。やめたいなぁ。」

と訴えてくるようになりました。

 

新しい級になって初めての日。長男はそれはそれは抵抗した。

 

その日は朝から

「今日は休んでいい? 明後日は絶対行くから!」

などと交渉してきました。

いや君、明後日になったら今度は「来週は絶対行くから」とか言って渋らない?

 

そんな様子だったので、私はなんとか勇気づけようとあれこれ説得しました。

すると長男がぽつり。

「1級になったのは嬉しいけどさ~。行きたくないよー。」

 

ん? もしかして新しい級になったのかなり意識してる??

それもそうだ、今日からは“いっきゅう”という得体の知れないものになるんだもの。

一休さんか何かだと思っているかもしれない。

上手になったら級が上がるというのも知らないのかもしれない。

私は当然長男が進級というものをわかっているだろうと思っていたけれど、実は級と言うものが何だかわからなくて不安になっているのかもしれない。

完全に私の説明不足でした。

 

そこで改めて、1級の練習がプールのどの場所で行われるのか、どのコーチと、どんな練習をするのか(予想)を説明しました。

そして最終的には「たい焼き食べたらプール行こう!」と食べ物で誘い…

長男は目の前のたい焼きが魅力的過ぎて食べてしまい…

約束は守る男なのでしぶしぶスクールへと向かってくれました。

 

ところがやっぱり、スクールへ到着するなりまた不安が押し寄せてきたのか抵抗が再び激しくなり…

一度はスクールの外へダッシュしてしってしまったのを私もダッシュで捕まえて…

禁断の脅し文句「早く着替えないとコーチに怒られるよ!」を言ってしまいました;

コーチ怖さに更衣室へ急ぐ長男…。。

 

その様子をみたスタッフの方が

「もしお母様が今日レッスンを受けさせたいと思うのであれば、水着に着替えさせてさえもらえたらあとはコーチが連れていきますから」

と声をかけてくださいました。

 

よし、着替えだけはなんとかするぞ! と意気込んだものの、

更衣室には来たけど着替えを全力で拒否、初めてスイミングで長男がギャー!!となってしまいました。

周りの視線を感じました。。すごい必死な親と思われているかな…私。

こんなに嫌がる子にレッスンを受けさせることが果たしていい方法なのだろうか…。

スクールに来ること自体久しぶりの上、新しい級での練習だなんて、そりゃ不安だよな…。無理させないほうがいいのかな…。

諦めそうになった時、長男の友達のお母さんが助け舟を出してくれました。

「スイ君、1級って、〇〇(友達)と一緒だよ! 1級って言っても、全然いつもと同じ練習だよ! いつもと変わらないよ!」

と。ありがたや…。声をかけてくれたことで、私の折れかけた心が持ち直しました。

長男が一瞬大人しくなった隙に少し着替えも進みました。

そしてタイミングよくそこにコーチも登場。この方めっちゃ体育会系の女性の方で、長男はとても恐れております。

「誰やぁ、さっきからワーワー騒いどんのはぁ。はよ着替えー!」

という感じで、長男ビビり、泣きべそかきながらプールへと連れていかれました;

 

助かるーーー!!!

あとはもうコーチにおまかせだ。。

私はほっとして床に散らばった長男の服を整えてから、見学場所へと向かいました。

 

私がプールに着いた頃には、長男はもうプールサイドにちょこんと座っていました。

泣いた後って感じの顔で、まだ少し涙ぐんでいるけど、練習には取り組めそうな様子。

級が変わっても導入部分は今までと場所も内容も同じなので、そこで不安が少しずつ和らいでいったのか、いつもの長男の様子に戻っていきました。

 

その後は、進級組はいつもとは別の場所へ移動して練習しました。

進級前は浅いプールと深いプールでの練習が半々くらいだったのが、進級後は深いプールで練習する時間が増えました。

といっても、急に練習内容がガラッと変わるわけでもなく、少しだけ難しい内容になったかなというくらい。

一緒に練習するメンバーも、長男と同じくらいか、長男よりも泳げる子だけになりました。

 

練習を終えた長男はもう不安な様子もなくなり、運動した後の清々しい表情でした。

頑張ったのでいつも行くパン屋さん(試食がたくさんあるのが長男のお気に入りポイント)に行って、好きなパンを買って帰りました。

 

その後、また練習日がありましたが今度は普通に行って着替えて練習していました。

やはり、新しい級と言うのが不安の理由だったみたいですね。。

どんなものかわかってからは、不安はなくなったようです。

 

*

 

改めて、見通しを持つことの大事さを実感しました。

初めからもっと丁寧にわかりやすく伝えておけばよかったですね。。

何はともあれ、スイミング続けられそうで安心しました。

 

そして、前にも書きましたが年長になったら習い事をもう一つさせたいと考えています。

今回のことをとっても、やはり長男には経験というものが大きい存在だという事がわかったので、色々なことをやってみることが大事だと思ったから。

何かをする時に「これ前にやったことあるな~」という、何となくでも経験したことがあると覚えていれば、見通しが持ちやすいし不安を軽減できそうです。

今のところ候補はアート造形・ピアノ・空手。

どれも無料体験みたいなお試しをさせて、本人に合っているものを長男と一緒に選びたいと思います。

また、そのうち体験レポートします!

 


人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です