【長男】お世話になった先生とのお別れ。

長男スイ、年中が終わり春休みになりました。

春休み前には進級式があり、年長組の“めんきょしょう”をもらいました。

年少の時は出席しなかった卒園式にも出席し、小学校へと歩み出す年長さんにエールを贈りました。

そして、大好きな担任の先生とも、退職されるのでお別れです。

年中最後の日。幼稚園から帰る前、長男は最後に退職される担任の先生に挨拶をした。

私が「先生にありがとう言うよ」って促したからなんだけど。

そしたら、「ありがとっ!!」って大きな声で言っていた。

先生の方を見たのは一瞬だけで、すぐにマイワールドに入って(今それどーでもいいだろ!って話を延々とする)たけど…きっとそれも“スイらしい”と先生も感じてくれたかな。

スイはスイなりに、先生との別れを感じていると思う。

 

先生に挨拶した後は、園庭の桜の木や名前がわからない木に夢中になって、木と記念撮影したがったり葉っぱ集めに精を出していた。

なぜ今!?って感じなのだが。。

私はそんなスイに付き合いつつ、みんなが先生を囲んで輪になって、言葉を交わしたり記念撮影している様子を遠くから見つめた。

 

もう1人の退職される先生にも挨拶したかったのに、スイがもう帰りたがって、引き止めても園の外に飛び出して行っちゃうしそのまま道をぐんぐん走っていってしまうので、私もスイを追いかけてそのまま帰路に着く流れになってしまった。

次の日、園に行った時にたまたまその先生とは会えてお話できたからよかったんだけどね。

 

この落ちつかない感じも、スイが進級や先生との別れに色々感じてるってことなんだと思う。。

そういえばOTでも指摘されたのだけど、ここ1ヶ月くらい、興味が次から次へと移る感じが前より激しいなと感じていて…

2月の発表会に始まり年度末の慌ただしさや環境の変化への不安とかが、そういうところに影響しているのかもしれない。

もともと波があるスイだけど、今少し不安定な時期に入ってるような気がする。

 

そうそう。通園路にあった満開の桜、やっぱりソメイヨシノで間違いありませんでした。

他の桜達がこれから咲こうというなか、なんと今週はもう散り始めていた。

なんか他人(木ですが)とは思えないというか。

先生とのお別れをあんなにメソメソして悲しんできたというのに、お別れの日は案外あっさりドライな自分にびっくり。

先生を囲んで涙ながらにお話されてる保護者の方との温度差…。いや、気持ちは同じなんだけど、タイミングがおかしいだけなんだ。。思いきりフライングだったみたい。

だからあの桜が自分と重なった。

自分は感情というものが平坦な人間だなってずっと昔から思ってたけど、子育てをし始めてそれは違うと気づいた。

そうじゃないんだ、いろんな気持ちがあるけどそれを

“表現できない=無い”

って勘違いしちゃってただけなんだって。タイミングよく表に出てくるものだけが全てじゃない。

疲れてる時に疲れてる事に気づかなかったり、そんなの平気って本気で思っていたことに後からものすごく沈んだり、、

ああなんか今日すごくブルーだけど、何でだろう?って時は、いつかのなにかが「ぼくはここにいるよー」って主張しているのかもしれない。

 

スイもきっと、私と同じで不器用なんだろう。

2歳くらいで色々ストレスがあった時も、スイは毎日楽しそうにしていただけなのに、それからしばらくして大きな10円ハゲができたんだよね。。あの時は本当にびっくりした。

スイは能天気で何もわかっていないように見えて、実は繊細で色んなことがわかっている。

ただ、自分の感情に向き合う術をまだ知らないし、感情表現も独特なのだ。

 

まあ、、何はともあれ、先生と笑顔でお別れできたからよかった。

素晴らしい先生方に出会えて、スイも、私も、幸せでした。

 

 

OTでもらってきた桜の枝も、ここ数日で花を咲かせてきました。

枝元にハサミを入れて水につけているだけなんですが、本当に咲くんですね。

スイも毎日見ています。

写真は夜で暗いですが、桜は夜も存在感ありますね。


人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です