【こどもちゃれんじ】ほっぷ4月開講号が届きました。【年少】

次男(4月から年少)が今年度からこどももちゃれんじほっぷを受講開始しました。

3月中旬に4月開講号が届き、なかなかはまっております。

 

春を感じるかわいい段ボール箱で届きました。

※しまじろうのパペットは長男がbaby受講中に届いたもので、今回の教材ではありません。

 

中身。全12教材らしい。入園準備の絵本を1冊撮り忘れています;

 

DVDは2枚。3・4月号のDVD+入園準備DVD。

 

 

エデュトイは、「ちゃれんじえんごっこせっと」

ちゃれんじえんごっこせっとで遊ぶ次男。

しまじろうの住む町・しまじろうやともだちの家・ちゃれんじ園が書かれたシートに、家具や遊具をセットしてキャラクターの人形でごっこ遊びできます。

 

この日は、何やらトイレとブランコを合体させています。

 

戦隊ロボット風のものができあがりました。さすが戦い好き(笑)

 

こんな風に箱にお片付けができます。人形が可愛い。

 

次男はちゃれんじえんごっこせっとをえらく気に入り、人形を使って一人でごっこ遊びに熱中していました。長いときだと30分くらい。

1人4役を全部自分で喋っていて、内容に耳を澄ませていたら面白かったです。

普段お友達や先生とこんな風に会話しているのかな~っていう、次男の世界観がすごくよくわかりますね。

次男の場合は、人と人がぶつかる場面や口調が多かったです。

「あ! そんなことしたらダメだよ!」とか、「これはぼくのだから!」とか。

ごっこ遊びを観察していると、こどもの内面や状態がなんとなくわかるような気がしますね。

ごっこ遊びも一つの表現だなぁと感じました。

私は過去に箱庭療法というものを受けたことがあるのですがそれを思い出しました。

 

ちゃれんじえんごっこせっとは、3月号と4月号で上の写真のものが全部そろうようになっているのですが、4月開講号で入会の場合は3月号分もついてきます(4月号だけで全部そろいます)ので断然お得だと思います。

 

他にエデュトイは、おなじみの音声タッチペン「はてなんだくん」がありました。

絵本などの所定の場所をタッチするとはてなんだくんが喋るというものです。

はてなんだくん対応のひらがな・かずワーク(4月号は「ひらがなおとじてん」と「知育&英語」も)は、7月号まで毎号届くようです。

ちなみに、うちには長男が受講していた時のはてなんだくんもあります。

その旧はてなんだくんでは新しい絵本は読み取れませんでした。よく考えたら当たり前ですね;

 

その他の教材として、絵本・キッズワーク・保護者向け冊子・ひらがなお風呂ポスターがありました。

 

こんなにたくさんあって1944円(税込)はお得すぎますね…。年払いなら1か月あたり1697円(税込)ですし。今月は教材少ないな~っていう月もあるけど、4月号は大満足でした。

いつも兄がやるのを見ていた憧れのキッズワークも張り切って取り組んでいたので、このまま退会せずに年払いにしようかなぁと考えています。

まんまとベネッセの罠にはまったというか、ベネッセの思うままに操られている気がしてなりませんが。。

 

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

*

 

次男は形が好きで、ある朝こんなものを見つけました。

「しかく~♪」

正体は、四角い窓から差し込む朝の光。

 

丸い形のお煎餅が欲しい時も「せんべいちょうだい」じゃなくてまるちょうだい!」って言います(笑)

形ファースト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です