親子で病院ざんまい。歯科にはじまり神経内科まで。

書きたいことは色々あるんですが、1記事を書くのにそこそこ時間がかかるのでなかなか更新が追いつきません。

なるべく日記感覚でサクサク更新していきたいとは思っているのですが。

 

更新が滞っている理由

  • 子どもや自分のケガ・不調で通院することが多い
  • 別ブログの更新もやらなきゃ…
  • ずっとほったらかし状態だったWordPressの更新をしたりプラグインを整理したりするのに時間がとられる
  • プライバシーポリシーの頁をいい加減に作らないと…
  • そんな状況なのに新しいブログを複数立ち上げようとしている
  • しかも有料テーマを衝動買いしてまだ慣れていない
  • 引用の仕方とか画像の利用法など勉強中

 

パソコンやネット関係にかなり疎くなってしまっているので、それ関係に時間をとられてしまっている状況です。

誰か手取り足取り教えて~。。

 

というわけで。言い訳やら懇願やら言いたいことは言えたので(?)

今回は近況報告がてら病院三昧の日々について書こうと思います。

 

長男

ダイニングの椅子から落ちて歯を脱臼しました。

ついに。ついにやっちまったか。。

 

2歳で左の前歯が欠け、

5歳で右の前歯が欠け、左右対称になりました。

そして今月、左の前歯を床に強打してしまったわけです。

 

手をついてくださいよ手を!!

 

まだ乳歯だったからよかったね、と歯医者さんにもママ友さんにも言われます。

そっか…よかったんだ…。って、そんなプラス思考できません(T_T)

 

まあでも一週間たって立ち直りましたけどね。。私が。

長男は2日くらい経って痛みがなくなったら早々に立ち直っていました。

 

抜歯するかどうか迷っているのでまた別記事で詳しく書くかもしれません。

 

次男

昨年末から中耳炎で毎日のように耳鼻科通いしていた次男ですが、このほどやっと快方に向かってきてます。

 

この数か月、毎日のように通っているにもかかわらず毎回の診察で医師から言われるのは

「あ~まだひどい状態ですね…」

その言葉を何十回聞いただろう。

 

しかし今月、やっと

「少しよくなってきましたね」

という言葉を医師から聞くことができたんです。

画像も見せてもらったんですが、それを見た時、、私の目に涙が。。

 

全然無意識だったんですけど、、涙出てましたね。

 

今日診察に行って抗生剤も止められることになりました。

長かった。。。

このまま完治してくれるといいな。

 

しかしまた別の問題も。

アトピーが最近ひどくなってきてる。季節的なものもあるのだろう。。

毎日保湿剤と薬を塗っているが、、、一進一退の状況。

幼稚園から帰ってくると肌が全身・顔までカッサカサ。

日光のもとで元気に遊んでいる証拠なのだけどね。

先生に保湿剤を塗って欲しいとお願いすることは当然できないし、本人が自分で塗れるならいいんですけど、、3歳じゃあまだ難しいよね。

毎朝たっぷりめに塗って登園させようと思います。

 

それから、園の眼科検診で逆さまつげが判明。

いや、前からよく睫毛が目に入って痛がることはあったんだけども。

将来的に手術が必要かも…とまで言われたのは驚きでした。

逆さまつげは視力の低下につながるという怖さもあるので、、今度ちゃんと眼科で診てもらおうと思います。

 

月曜日くらいから、右足が全体的に痛いし痺れているんですよね。

左足は痛みはないけれど足の裏を中心に痺れがある。

しかも両手もかすかに痺れている。。

 

なかなか病院に行く暇もなくて、仕事を休んでまで行くようなことでもないような気がして、金曜日まで様子を見ていたわけなんですが。

いっこうによくならない。

 

それで仕事が休みの金曜に整形外科を受診しました。

姿勢が悪いという自覚があるので、ヘルニアかなぁと思ったんですね。

骨が神経を圧迫している感じなのかなと。

それで病院でレントゲンを撮ってもらったんですが、結果「背骨、とても綺麗ですよ」と意外過ぎるお褒めの言葉。

ヘルニアや坐骨神経痛じゃなかった!

 

それでこれはちょっと整形外科の分野じゃなくて神経内科の領域かもしれませんねってことで紹介状を書いてもらうことになったんですが。

その日は遠方で日本神経内科医学会の学会が開かれているため、神経内科医の医師がみんなそちらに出張しているらしくなかなか診てくれる病院が見つからない。1年に1度とかの学会だと思うんですけど…なんでまたそんな日に不調が起きているんだ私は。。

でも整形外科の先生は「この症状は週明けまで様子を見るというのは避けたいですね…急激に悪くなるケースもあるので」と、なんとかその日のうちに診てもらえるところを探してくださいました。

有難いけど…え、私そんなに重篤な病気の可能性があるの?? って思って。

紹介された神経内科に向かう車内で「嗚呼、私もうこんなふうに車を運転できなくなるのかな? 自転車にも乗れなくなるのかな? でもあの自転車はもう十分乗ったから元は取ったしな…。走れなくなる前に、子どもたちといっぱい鬼ごっこしたいな…」みたいなことを考えてセンチメンタルになりつつ病院に到着。

やはり医師が少ないらしく2時間くらい待たされて、やっと診察室に呼ばれたら、なんか色んなとこ金槌で叩かれたり力が入るか見られたり音叉みたいなん聞かされたりめっちゃ検査されましたよ。

久しぶりに血液検査もしたし。

一番、しんどかったのが、神経に電気流される検査。

神経伝導検査というのだと思うんですが、、はっきり言わせてもらうと痛い。

次々とやってくる痛みに30~40分耐えるというのは、まるで拷問だった。(もちろん必要な検査ですが!)

 

結果。

「異常ありません。若い綺麗な神経です。」

「怖い病気ではないという事がわかりましたので安心してください(笑顔)」

 

いや、そんな笑顔で言われても…こっちは笑顔にはなれません(T_T)

痛かったし、、。

怖い病気でないのは安心したけど、、ならこの痺れは一体何が原因なの?

もやもやしたまま帰りました。

 

骨でも神経でもなかったら、あとは血流とか筋肉とか? 心因性?

こんなに痺れが長く続くのは初めてなので気になりますが、とりあえずまた一週間くらいは様子を見ようと思います。

 

 

ちなみに行った整形外科というのが私が出産後に色々ボロボロだった時期によくお世話になったところでして。

腱鞘炎・足の小指の骨折・肋骨にヒビ…。

腱鞘炎はともかく、足の小指は椅子の足にぶつけたのが原因、肋骨は咳がひどくてその衝撃でヒビが入ったという…

多分、今回も「この人また何をやらかしたんだろう…」って思われてたと思います。。

 

私の話が長めになってしましましたが、以上、病院三昧の近況報告でした。

 

 

私が言えることはただ一つ。

 

足の痺れで病院を受診するときは、靴下を脱いでもいいように余裕があれば足や爪のケアをしておきましょう。

…でないと恥ずかしいことになります。


人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です