【長男】おじぎそうのたんじょうび。【こどもちゃれんじ】

こどもちゃれんじじゃんぷ6月号には『おじぎそうおせわセット』があります。

今回はその紹介と、私的にちょっと面白かったエピソードをお話しします。

『おじぎそうおせわセット』ととして以下のものが届きます。

トレイ・はち・じょうろ・おじぎそうの種・おじぎそうの土・くまで

 

6月号の絵本には、詳しく道具の使い方やおじぎそうの育て方が写真やイラスト付きで説明されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

土に水をかけてかき混ぜて膨らませるのですが、なかなか膨らまなくて焦りました。

5分くらいしたら膨らんできますので気長に待てば大丈夫です。

絶対土がこぼれるので外でやりました。

 

おせわの3つの約束もシンプルで分かりやすい。

”毎日声をかけよう”という、若干非科学的な約束も。

きっとガオガオさんの発明品だと思われる声かけ用のメガホンも作ります。(セロハンテープで止めるだけで完成)

この本に書いてある通りにお世話していきます。

 

たねまききねんびは6月1日。

それから数日経過しても全く見た目に変化がなかったので不安になりましたが…

 

6月5日

芽が出てきました!

 

一応、芽が出た日がおじぎそうのおたんじょうびなんですよ。

私はこの日がおたんじょうびだと思ったので、長男に「おたんじょうびシール貼らなくちゃね!」と言いました。

すると長男「まだだよ! まだ子葉が開いてないよ」と言ってシールを貼ろうとしません。

 

あれ?? 何で? と思って、もう一度どんなシールだったか思い出してみてピンときました。

 

写真、ボケ過ぎててすみません。

 

確かに、シールのイラストは子葉が開いている。

長男はこのイラストに忠実におたんじょうびを判断したのですね。

 

6月6日

子葉が開きました。

長男は「ほら! 今日がおたんじょうびだよ!」と納得したようにシールを貼りました。

 

なぜ〇月〇日の部分が黒く塗りつぶされているかというと、届いたその日に長男が自分の誕生日を書いてしまったから(笑)

イラストの上に6月6日と書き直していました。

 

名前は「おじりん」に決定!!

長男だけでなく次男もおじりんに夢中です。

 

*

 

私は”芽が出た日”という言葉に変換して覚えていたから土から芽が顔を出した6月5日がたんじょうびだと判断した訳なのですが、

長男はシールの絵柄を覚えていたから子葉が開いた6月6日がたんじょうびだと判断したのですね。

 

私と長男の解釈の違いがちょっと面白かったので記事にしてみました。

 

 

ちなみに後日、これを見つける。

長男が正解。すべては私の思い込みでした(笑)

 

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です