運動会の練習で不安定に?久々の激しい癇癪とこだわり。【自閉症スペクトラム】

運動会シーズンですね。

もう終わられた園もこれからの園もあるかと思いますが、

最近お天気が崩れることが多いし、台風も次々とやってくるので、運動会の開催もなかなか大変ですね。。

 

それに、これはうちの地域だけかもしれませんが、寒暖差によるものなのか風邪が流行っています。

長男も次男ももれなく鼻風邪です。運動会までに治るといいな…。

長男は風邪気味のところに運動会の練習もあるので、少々お疲れ気味なのかもしれません。

今日は久しぶりに激しい癇癪を起こしました。

 

そんな長男の最近の様子と、思ったことを書きたいと思います。

 

久しぶりの激しい癇癪

風邪を拗らせる前にと思って、今日は小児科を受診してきたのだが、、久しぶりに長男が激しめの癇癪を起こした。

長男「ぼくとお母さんと2人で(小児科に)行きたいから、リンちゃん(弟)は家でお父さんと一緒に留守番してて!」

と。それが叶わないと泣いて叫んで地団駄踏んで…という感じで。

こんなに取り乱した長男を見たのは半年ぶりくらいだったので、ちょっと焦ったのと、懐かしかったのと。

懐かしく感じたというのは、最近はそれだけ癇癪が減っているという証なんだと思う。

だから、私も全くイライラせずに落ち着いて対応する余裕があった。

(激しい癇癪が毎日〇回とかだったころは余裕なんてなかったけど。)

 

こういう時にいつも私が長男に話をしているのは「自分のする事(行動)は決められるけど、他の人のする事は決められないんだよ。」という事。

だから今回も、あなたがリンの行動を決めることはできないよ、と。

 

自分の行動は自分で決めていい。こだわったっていい。でも、それを他の人にも強制することはできない。

と、今までもこういう事がある度に伝えてきた。

 

このブログでも度々書いてきているが、スイは「〇〇したい」という気持ちがとても強い

そしてそれは時々、自分の範囲を超えて、自分以外の人の範囲にまで及ぶ

おいおい、それはいかん!という事に、いつかは気づいてもらわないと、本人も周りも困る。

現状、長男はどこまで理解してくれているかわからない。でも、少しだけ納得する様子も見せてくれている。

 

病院でのこだわりも強かった

小児科につく頃にはいったんは収まった癇癪だったが、今日は何かと不安が強いようで、その後も医師を質問攻めにしたり、いつもの病院でのこだわりが強かった。

病院でのこだわりと言うのは、どの病院に行くかによって少しずつ異なるのだけど、

今日行ったクリニックでは、

  • 「注射しない?」と医師に何度も尋ねる。
  • 風車を要求する。(聴診器で医師が胸の音を聞く際に、お子さんが息を上手に吐けるように使う)
  • 裸足になりベットに寝転ぶ。

というのが毎回の流れになっている。風車はね、、もっと小さいお子さんが使うのだと思うけど、長男は毎回診察室に入るなり自分から要求するのだ。

他の病院でも、裸足になって(あれば)ベットにのぼる、は共通しているが、

  • 複数の椅子をまるで飛び石かのように渡り歩く。
  • 「これは何ですか?」と診察室にあるものについての質問が止まらない。

という困ったことが…。

そして、私と医師が話している時にも必ず割って入ってきて、「今は先生と話をしているから終わってから話して」と言っているのに、話しかけ続けるのをやめない、という。。

改めて、一度ちゃんと時間をとって受診時のルールを確認せねばと思った。

…のだが、、すぐ忘れちゃう。そして通院したときにまた思い出す、の繰り返し^^; 今回こそは…!

 

やはり運動会の負担は大きい?

幼稚園での運動会の練習が佳境に入ってきているようだし、長男が不安定になっている理由の一つは運動会の練習にまつわるあれこれだと思われる。

やっぱり疲れるんだろうな。。ただでさえ行事は苦手だから。

疲れていたり体調が優れないと、特性が強くなる。

 

年長の種目はいくつかあって、ダンス系は楽しいみたいで家でも披露してくれていて。

だから楽しんでやれてるのかな~? と思ってた部分もあった。

でもスイは「運動会楽しみ。」って言う時もあれば「運動会いやだ。って言う時も両方あって。

なんでかなーって思ってたんだ。スイも色々複雑な気持ちなのかな…とか。

 

で、担任の先生の話によると、どうやらリレーの練習に緊張しているようだ。

練習に参加できなかった日もあるらしい。

園児のみ参加の競技のなかで唯一(唯二?)、勝ち負けが決まるのが綱引きとリレーなんだよね。。

綱引きは、一人一人が目立たない競技だし練習もルール確認の為の1~2回くらいしかしないんだろうけど、

リレーはもろに、、みんなの注目が個人に集まってしまうしね。。プレッシャーは大きいよね。

そういう理由で緊張しているのかな??

それとも、自分の走る順番がわからないとか、走るのが遅いから恥ずかしいとか、他の子たちにずばり「スイくん遅いよ」って言われちゃうのが怖いのか、はたまた、負けちゃいけない。と気合が入りすぎちゃっているのか、、

理由は何だろうな…?

 

今まで、スイが緊張したり不安になっている時は「ああ、不安になりやすいのも特性なんだな」と受け止めていた部分があるのだけど、最近思うのは、特性以上に、なぜ不安になっているか?=理由って大事だよなと。

それも、スイが5歳を過ぎてから自分の気持ちをぽつりぽつりと語ってくれるようになったから気づいた。

どんな不安や癇癪にも、必ず理由があって、スイはそれを自分でちゃんとわかってるのかもしれないって事。

だとしたら、それはスイにとって大事な気持ちだし、私も大事にしてあげたいと思う気持ちだ。

 

とりあえず、明日、幼稚園に行く用事があるのでちょっと様子を見てこよう。|д゚)

次男にとっては初めての運動会なので、そちらも見るのが楽しみ♪

 

*

 

今日行った小児科には半年ぶりに行ったのですが、50代くらいの、物腰の柔らかな受付の方に「お母さん、髪伸びましたね。エレガントです^^」って言われて疲れが吹っ飛びました。

エレガントって!? なにそれ初めて言われたよ! エレガントの対岸にいるような人間なんですけどね、私。

でも何より、半年ぶりに来院した私を覚えてくださっていたことが嬉しかったです。

2 Comments

ウル

mikanzukiさん、こんにちは。

運動会の練習ってとても疲れますよね。
そして、疲れから不安定になりやすいというのがすごくわかります。
我が息子も、運動会の練習で疲れるのか、いつもより感覚が過敏になっており不安を感じやすくなっています。

それから、息子君のリレーの件、昔の私の感覚に似ているのかもなーと感じました。
というのが、私も順位の付く種目がすごく苦手だったからです。
綱引きは全員でやるもんだから目立たないんですけど、リレーってすごく目立つから苦手でした。
足が遅いっていうのもあったんですが、自分が足を引っ張っている後ろめたさみたいなものもあって、小学校の高学年くらいになると憂鬱ポイントそのものだったくらいです;
「ウルさんは足が遅いから(順番)真ん中に入れた方がいい」とかダイレクトに言われましたからね。。。
そういった経験から、連帯責任系は今でもプレッシャーを感じ苦手です。
息子君が私と同じ理由で不安を感じているかどうかはわからないですが。。。
明日、何か原因がわかるといいですね。

返信する
mikanzuki

ウルさん、こんばんは。コメントありがとうございます!
息子さんも疲れていると過敏になったり不安を感じやすくなったりするのですね。
うちの長男も同じような感じです。幼稚園で頑張っているぶん、家ではゆっくり過ごさせてあげたいですね。

あれから幼稚園へ行く機会があったものの、役員の仕事がみっちりあって結局リレーの様子は見られずじまいだったので、気になってます。
ウルさんの子どもの頃のこと、お話ししてくださってありがとうございます。
確かにリレーは目立ちますね、、私もけっこう足が遅くて、「自分が足を引っ張っている後ろめたさ」っていうのすごくわかります。
リレーに情熱かけてるぜ!って感じの勝ちにこだわる子たちの気迫が伝わってきて圧倒される感じもありましたね。。
もう、、自分がバトン受け取る時点で既に大差で負けてる状況だったらいいのに…!ってこっそり願ってた気がします^^;
ウルさんはかなりダイレクトに言われてしまったんですね。。グサリときますね。。。

長男も、そういったプレッシャーを感じているのかもしれませんね>_< 去年の運動会、年長のリレーは会場一体で盛り上がってたので、今年も本番は練習よりもさらに緊張感があるんじゃないかとドキドキしてます。 でも楽しく練習してる種目もあるようなので、リレーのことはあまり気負わず、運動会に臨んでくれるといいんですけどね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です