兄弟(年長&年少)の運動会を終えて。

先週末、晴れ時々曇り、暑くもなく寒くもなく、というベストな気候のなか、息子たちの幼稚園の運動会が開催されました。

夫は今年も仕事があって午後からしか来られないし、役員の仕事とか遅刻しないかとかの不安もあって、前日は完全に上の空でフワフワした状態で過ごしましたが、、なんとか当日の朝は余裕をもって出かけることができました。

 

そして、、結論から言うと、ものすごく幸せな気持ちになった運動会でした。

 

子どもたちのことを心から応援したし、すごいって思ったし、かわいいって思ったし、大好きって思った。

頑張ったねって思ったし、素敵だねって思ったし、よかったねって思った。

(※ここから先もこのようなお花畑テンションが続きます。)

 

最後まで笑顔だった長男(年長)

長男は毎年、閉会式まで体力が持たなくて、午後の競技では座り込んでいたり、閉会式では泣いていたり、、という感じだったのですが、

今年は初めて、最後まで笑顔で終えることができました。

それどころか、閉会式後も役員の私と一緒に用具の片づけを手伝ってくれて、その後に祖父母たちと買い物に行きましたがまだまだ元気、帰宅してからも家の中を走り回るという…。

体力ついたんだなーと改めて感じました。

私としては、何より閉会式の親子ダンスを、初めて一緒に楽しく踊ることができたこと!!

それが思いがけず嬉しすぎました。

 

今回初めて祖父母が運動会に来てくれた訳ですが、テンション上がりすぎるということもなく。

競技中に祖父母を見たり、ちょっと喋りかけちゃったりはしたものの、ちゃんと競技(演目)はやりきっていて、

器用になったし情緒的にも随分と安定したことを感じました。

 

祖父母は「一等賞になれたか?」と長男に言うのでちょっとハラハラした(スイは一番最後だったので)のですが、

「なんで一番にならないといけないの?」と逆に聞いてましたね。。

なので順位は特に気にしてないのかな? と思いきや、、帰宅後にリレーのビデオを見せてあげたら、

自分の走りを見て「遅っ。。」とつぶやいていたので…もしかして競争的な要素も気にしてる部分あるのかな??

 

そしてリハーサルでも思ったけど、他の子たちの成長にも目を見張るものが。。1年前と全然違う!!

年中→年長の1年てこんなにも変わるものなのかと。

足も速い。ダンスもそろってる。鉄棒もくるくる回る。

長男もこの1年の成長が目覚ましかったけど、ほかの子たちもそうだったのね。

みんなすごいなーと、拍手を送ったのでした。

 

とにかくかわいかった次男(年少)

毎年、運動会の日は次男は保育園に預けてたから、今年は初めて次男も一緒の運動会。

 

練習では、自由人っぷりを発揮していたものの、本番では準備体操以外は参加していました。

本当に本当に、、、かわいかった。

かわいかったって言ったら、次男に失礼かな。かっこいいでしょ! って怒られるかな。

でも、運動会って、子どもの可愛らしさを再確認する会なのかなって思うくらいかわいかった。

ただ歩いてるだけでかわいい。走ってても、踊ってても。ちょっとふざけたりするのもかわいい。

長男にもこんな時があったんだよな…と思い出したり。

 

あのかわいさをしっかり目に焼き付けておいたので、これでしばらくは次男にイライラしないで済むはず!(←)

 

毎年、年少さんだけ、競技に参加するのを拒んで最後に先生に抱っこされて(先生が)走る、という子が数名いるのだけど、

私は今まで、その子たちがなぜ自分で走らないのかなーと不思議で不思議だったんだ。

本気でやりたくない訳でもなさそうなのに…。

 

でも今年、3年目にして「そうか!」ってやっとわかった(ような気がする)。

恥ずかしかったのか!!! そうだよね、観客全員の注目集める中走るんだもんね。

たくさんの人たちが見てる中うまくできるかな…失敗しないかな…っていう不安とかもあるよね。

 

何当たり前のことを…って思われるかもしれないけど、

私は、自分がそういう気持ちが全くない幼児だったので、気づかなかったんですよね。

小学生になって初めて「恥ずかしい」って気持ちの存在を知ったので。。

年少にしてもう恥じらいの気持ちを持ってるその子たちって、すごいなって思う。

そして、その子たちの気持ちを大事にしながら試行錯誤でやってくれてる先生も素敵って思う。

温かく応援してくれる保護者の人たちも素敵って思う。

 

そしてやっぱり、年少さんはとてつもなく可愛らしい。

 

(…私の頭の中、完全にお花畑状態になってますね。運動会が終わったばかりのテンションなので許してください。。)

 

私もやりきったよ!

今回の運動会には、私は私で役員として運動会のお手伝いをさせてもらったり、年長&年少の親子競技、保護者競技と忙しく参加させてもらいました。

 

忙しかったしゆっくり観覧することも全然できなかったんだけど、、意外にも達成感はすごくあって。

やはり私にはじっとしているのは性に合わないんだな、忙しくしているのが落ち着くんだな、、っていうのは再確認しました。

 

役員に関して不安だらけなのは変わりませんが、あと半年なんとか頑張れたらいいなと思います。

 

*

 

「今日はいい一日だなー。」

運動会が終わって自転車で帰る時に、長男がそう言いました。

その言葉を聞いて、、

「本当に最高の一日だね!」

と私も心から同意しました。

 

長男の幼稚園最後の運動会は、かかわったすべての人に感謝したい運動会になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です