初めての家庭訪問。担任の先生から聞いた発達凸凹息子の4月の様子。

小学校に入学して1か月。

長男にとっても、親の私にとっても初めて迎えるイベントが。

それは、家庭訪問

幼稚園の時にはなかったので私も勝手がわからず、

はて。お茶菓子は用意した方がよいのだろうか…?

という非常に初歩的(?)な段階から悩みました。。

結局、お茶やお菓子は用意したのですが色々と私の読みが甘く…長年の読者様にはお約束の展開になってしまいました。笑

長男がおもてなしの心を発揮し先生にお茶を入れて差し上げ、先生に「すごいね^^」とお褒めの言葉をいただくも、何を思ったか間髪入れずに自分で飲んでしまうなど;;(たぶん無意識)

先生のコップだけじゃなくて、長男用のコップも用意しとくべきだった…。来年からはそうしよう。笑

まあその話はどうでもよくて、今回は家庭訪問で担任の先生と話した内容やについてメインに書きたいと思います。

 

私から先生に聞きたかったこと

まず家庭訪問ではこちらが何か喋りたいというよりは長男の学校での様子をとにかく聞いておきたかったというのがありまして。

照れてるのか秘密主義なのか知らないけど本人はあまり学校でのことを話してくれないので…。

気まぐれに話し出す時もあるけど、私が前のめりで聞く姿勢になっちゃうと途端に

長男

やっぱり話さない。

と口をつぐんでしまうので、あまり根掘り葉掘り聞かないようにはしています。

 

そんななか、入学してから先生と1対1で話せる家庭訪問は、普段ヴェールに包まれている長男の様子を知るチャンス!!

そこで、気になっていたことを余さず聞けるように先生に聞きたいことを考えておきました。

  • サポートシートには目を通してもらえたか
  • 休み時間はどう過ごしているか
  • 給食は食べているか
  • 同級生やほかの児童とのかかわりはどうか
  • 本人や先生が困っていることはないか

家庭訪問でこちらからあれこれ話さずに聞く専門でいられたのも、入学前に提出したサポートシートに予め先生方に伝えたいことは全部書いていたからですね。

でも、もしそのシートを読んでもらってなかったら…?

学校生活が始まってからも先生からは特にサポートシートの内容についてのリアクションがないままだったので、本当に読んでくれたの…? とちょっと不安だったんですよね。参観日の様子だとおそらく読んでくれているだろうなという印象だったのですが。

そこでこの機会にはっきり聞いておきたくてこちらから聞いてみました。

先生、サポートシートには目を通して頂けたのでしょうか…?

ド直球な質問ですが^^;、シートは読んでくださったとのことで安心しました。

 

授業中の様子は既に4月の参観の時にだいたいの雰囲気は把握できたので、授業以外の時間の過ごし方についてもお話を伺いました。

先生によると、休み時間は図書館に入り浸っているけど同級生に誘われれば校庭に鬼ごっこに行くこともあるそうです。

給食は時間内に完食できていて、おかわりをすることもある(給食については波はあるし嫌いな食べ物の時は苦戦することもあるみたいですが)らしい。

図書館は納得だけど、外で鬼ごっこは意外。誘われてそれに乗っかるあたり、随分と柔軟になったな…と思いました。

「僕はこれがしたいけど、もしかしたら誘ってくれた遊びも楽しいかもしれない」というふうに考えたということですもんね。

いや、、何して遊んでくれても結構だし同級生の誘いに乗らないといけないこともないんですけど、たまたま柔軟さの一端が表れた行動だなぁって感じたのです。

 

同級生とのかかわりについては、面倒見の良い女の子が何かと手伝ってくれるとかで…その辺は幼稚園の時と同じ。今のところ男の子よりも女の子の友達(?)のほうが多いみたいです。

幼稚園の時も思ってたけど、完全なる一匹狼ではないのが私から見たらすごく不思議です。

あれだけこだわりもあって行動もワンテンポ遅い長男なのに。。

きっと集団の中では彼なりに周りに合わせたり頑張っているんだろうな。

 

そして最後にサポートシートの内容に絡めて、現時点で本人や周り・先生が困っているようなことはないかも尋ねました。

先生から言われたのは、行動がワンテンポ遅いということでした。

ちょうど運動会の練習も始まったころだったのですが、自分の並ぶ場所がわからなくて全然違う場所にいたり、教室移動の時に置いていかれたり…。

そんな時も、先生や周りの子が長男に声をかけたり手伝ってくれたりしているみたいで、本当に有難いことです。

 

心配なところもありますが、先生は、学校で楽しく過ごせているので今はそれが一番です、と言ってくださいました。

行動が遅れてしまうのは、徐々に学校生活に慣れていけば大丈夫になっていくでしょう、と。

また、家での様子と学校での様子が同じである事に妙に安心しておられてました。

学校で緊張状態とか、家では疲れ切ってるとか、そういったことを心配しておられたのかな?

 

逆に先生から聞かれたこと

私から先生に尋ねたことは上記のとおりですが、先生からは「これ皆に聞いてるのかな?」という質問がいくつかありました。

  • 習い事は何をしているか
  • 放課後の過ごし方
  • きょうだい仲は良いか(多分世間話)

こんな感じでした。

 

最後に

時間は30~40分ほど話していたと思います。

入学前から特性のある子であることを伝えていたからか、はたまた学校で実際に要支援な様子だからなのか、お便りに書かれていた一人10分程度という目安の時間よりも長めに時間をとっておいてくださったのかもしれません。(たまたまかもしれませんが…)

長男は先生と沢山話ができて嬉しそうでしたし、私も色々聞きたいことが聞けてとても安心できました。

 

最近では家庭訪問を行わず学校での懇談を行ったり、家庭を訪問しても玄関先の立ち話で済ます等のやり方をする学校もでてきたようです。

家庭訪問は親にとっても先生にとっても負担のあることなので、働き方改革やお互いの合理化を考えた結果なのでしょうね。

そこには賛否両論あるかと思いますが、私個人としては、災害時に備えて家の場所も知っておいてもらいたいし、実際に家庭での子供の様子を見てもらいながら先生と話ができたほうが安心ですけどね。

掃除は大変ですが…。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です