長男が4歳半でできるようになったこと。【自閉症スペクトラム】

いつも長男に対する愚痴みたいなブログになっているので、たまには長男の嬉しいエピソードを。

 

 

最近(4歳半)できるようになったこと

 

鼻がかめた!

いくら言っても鼻をかめなくて、フーン!だよ。と言ってもスー! と逆に鼻を吸い込んでしまっていた長男。

先日風邪をひいたときに「吸い込むんじゃなくて、鼻から風を出すんだよ!」等と必死に説明すると、フーと、一瞬だけど鼻がかめた!

一度かめると感覚がわかったのか何度もかめた。かむ力が弱すぎて鼻水はでてきてないけど…。

アレルギー(ダニ)や鼻炎・風邪で鼻のトラブルが絶えない息子なので、かめるようになってくれると本人も少し楽になるんではないだろうか。

 

1人で家のトイレに行けるようになった!

今まで私がトイレまでついて行っていたけど、突然「トイレ行ってくるね~♪」と言ってトイレに行って用を足して戻ってきた。

それまでは怖いだか何だか言って「お母さんもきて!!」だったのに。何のきっかけだったのか。

一度行けたら自信をつけたのか、時々「一緒に来て」はあるもののほぼ1人で行けてる。

なんて楽なの~。

 

※追記

これは一時的なことで、本当に一人で行けるようになったのは5歳前半です。

 

バタ足で1mくらい泳げた!

週1回のスイミングに行き始めて9か月あまり。

初めてビート板を使わないバタ足ができた。

ほんの少しの距離だけど。

もともとスイミングは

午後の時間を楽しむこと、

身体(体幹)を鍛えること、

エネルギーを発散すること

などが目的で始めて、泳げるようになることは特に意識してなかったけど、ここにきてかなり上達し始めた。

まわりの子達よりはゆっくりペースだけど、確実に力をつけていたんだと思うと感慨深い。

 

スイミングは、前述の目的以外でも、先生(コーチ)の指示を聞く・順番を意識する練習等もできて、本当に初めてよかった習い事。

幼稚園(長男の園はかなりのびのび系?というのかな、先生方も優しく楽しい感じです)とは違って少し厳しめの雰囲気というのも、いろんな場を体験できるという意味でよい経験をさせてもらってる。

泳げた時、長男は「え? 今泳げた?」みたいなキョトンとした顔をしていたけど、終わってから「泳げたね!」と声をかけたらとても嬉しそうだった。

自信にしていってくれるといいな。

 

人との距離感が少しだけ変わってきた?

赤ちゃんの頃から人見知りゼロで、

お店の人にも道行く知らない人にも片っ端から話しかけ、

手をつなごうとし、

膝に乗ろうとし、

抱き着こうとし、、、

そんな長男にほとほと疲れ、いつもわざわざ人の少ない公園を選んで行っていたけど。

最近、あれ? 知らない人にあまり話しかけなくなったかも。と気づいた。

人との距離の取り方が少しだけ変わってきたのかもしれない。

 

でも、道行く人に「こんにちはー!!」といつも元気よく言っていた長男を見られなくなるのは少し寂しいな。

長男のおかげて仲良くなれた人(ご近所の方やママ友さん)も多いし、人見知りしないところは長所でもあるんだよね。

 

その他、4歳~4歳半でできるようになったことは

  • ジャングルジムの一番上まで登る
  • 漢字を少し読み始める
  • へんしんバイクでかなりバランスがとれるようになった
  • 弟(体重10kg)を抱っこする
  • キャッチボールで取ったり投げたりのコントロールがうまくなった
  • あまり転ばなくなってきた!

等もある。

 

*

 

先日、ウインナーと卵焼きをお皿に置く順番が違って長男が怒ったことを書いたけど、

それだって何が嫌なのか言葉で言えるようになってずいぶん成長したんだなぁと思う。

 

2,3歳の時は長男が癇癪を起していても理由が全く分からなくて。

おかずを置く順番が違うだなんて想像力が豊かでもない私には考えつくことができず、ただただ泣いている息子を見守るほかなかったから。

 

言葉で気持ちを言えるようになってきたのかなと嬉しく思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です