「〇〇って言って」と言われる話。【自閉症スペクトラム】

最近、長男はよく私や夫や幼稚園の先生に「〇〇って言って」という。

セリフを催促されるのだ。

 

〇〇の具体的な言葉は

〇〇に入るのは、ごめんね、ありがとう、すごいね、やったー等の短い言葉。どうしたの、悲しいね、なんてのもある。

 

例えば、長男のちょっとぶつかっちゃった時。

いつもは私も「あ、ごめん」とかってちゃんと言うんだけど、ほんとにちょっとぶつかっただけ(ぶつかったうちにはいらないくらいの)で長男も別に痛い思いしてなかったり、長男も余所見をしていてぶつかったり。そういう時は私もわざわざ謝らないときがある。(うちは狭いので家族同士でぶつかることなんてしょっちゅうで…)

そうすると長男に「ごめんって言って」って言われる。

なんか…そう言われると謝る気なくすなぁなんて思いながらも一応悪かったし、「ごめん」って言うけどね。

 

ほかには、長男が絵を描いたのと私に見せてくれた時。

「へえー。新幹線だね」などと私が言うと、「すごいねって言って」と言われる。

普段、私が「すごいね」っていうことが多いからかな。

でもなんかそう言われると…(以下略)

 

「ありがとうって言って。」とかも同じ感じ。

たま~に私も、「なんかそう言われると言う気なくすわぁ」なんてはっきり言っちゃうけど、たぶん意味わかってないだろうな。

 

その長男の言い方も、本当に私に心から謝ってほしかったり褒めてほしかったりするわけでもなさそうなんだよな。

「ありがとうって、、言ってよ!」

って感じじゃなくて。

別に私のほうを見るわけでもなく、短くさらっと早口で「ありがとうって言って」と平坦な口調で言われる。

なんか、こういう出来事の後はこういうセリフ、って決まっているみたいな。

ある種の強迫観念みたいなものなんかな。そんな病的なものではないけど。

このくらいの年齢の子にはよくあるんかな。

ただ不思議なことに、お友達や弟に言ってる場面は見たことがない。

彼なりに自分の要求を呑んでくれそうな人を選んで言っているのか、弟(2歳)はまだ喋れる言葉も少ないから言わないのか、はたまた私がその場面を見ていないだけで実際はあるのか。

 

 

なんでこんなことをブログに書いてるかっていうと、私は実は長男は発達障害なんじゃないかって疑っているから。

発達障害の子は、「ごっこ遊び」じゃなく「再現遊び」をするって言うし。

今回書いたことは再現遊びではないけど、再現遊びをしている場面も多々あり。

 

私が発達障害なんじゃないかってなんとなく疑い始めたのはもう結構前から。

長男が1歳すぎたくらいの時から、「あれ?」って思うことが多々あって。

最初はちょっと個性的な子だなくらいに思ってた。

でも彼が2歳、3歳と年齢を重ねるにつれて、その違和感は強くなっていった。

 

ただ、そうじゃないかもしれない、と思う時も同じくらいある。

また、赤ちゃん~4歳になるまでの長男のことも記事にしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です